毎日の暮らしのなかで、ふと、心が疲れていると感じたことはありませんか?
一生懸命にやればやるほど空回りしていると感じたり、
がんばっても先が見えないと心細くなったり……。
人気カウンセラー、宇佐美百合子さんの著作『みんな、ひとりぼっちじゃないんだよ』には、そんな真面目で一生懸命な人たちに、そっと語りかけてくれるやさしい言葉が満載。
どんより重たかった心がふわりと軽くなるショートエッセイのなかから、一部をご紹介します。

 

* * *

 

 

だれのせいにもしないほうが どんなこともうまくいく 

 

人生には、思うようにならないことがいっぱいありますね。

仕事がうまくいかなかったり、身内とモメたりすると、不愉快になって、思うようにならないことを“人のせい”にしたくなるものです。

あなたは「私は悪くない」という気持ちで、人を責めたことがありますか?

結果は、気が晴れるどころか、あと味が悪かったのではないでしょうか。相手を傷つけたことを後悔して、自己嫌悪を感じたかもしれません。

ものごとがうまくいかないとき、だれかを責めているあいだはすべてが停滞して、自分が全然前に進めないから苦しいのです。

視点を変えて、リカバーすることにエネルギーを注ぐようにすると、問題を早く解決できます。「うまくいかない原因は自分が作っている。だから、うまくいく原因も自分で作れる」と考えればいいんです。

人生に生じるままならないことを、人のせいにしないで自分が積極的に知恵をしぼるほうが、なにごともうまくいきますよ。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【書籍紹介】


 みんな、ひとりぼっちじゃないんだよ

あなたのがんばりは かならずだれかが見ている
迷った心に光がさし込む、95のメッセージ

「今うまくいかないのはもっとよくなる前ぶれ」
「『ありがとう』の数だけだれかに助けられて生きている」
「冴えない今日も、大切な一日」
「世界は広い 冒険心をなくさないで」
──だれかになぐさめてほしいとき、自分が変わりたいと思ったとき、この本を開いてみてください。あなたの心を軽やかにし、元気づけてくれる言葉が、きっと見つかります。
文庫版 定価(本体540円+税) 

 

もう、背伸びなんてすることないよ

心が痛いのは、
大切なことを受け取っている証拠
疲れた心にじんわり沁みる、95のメッセージ

「やさしさは、あげっぱなしでいい」
「いつか死ぬこと以外、まだなんにも決まってないんだよ」
──疲れたなぁって思ったとき、悲しみに沈んでいるとき、勇気がほしいとき、何度でも開いてみてください。あなたの心にじんわり沁みる、お気に入りの言葉がきっと見つかります。
文庫版 定価(本体540円+税)

 

運命は、きっと変えられるよ

涙があるから、心は前に向く
希望の光が差し込んでくる癒しの言葉
強くやさしく生きるための94のメッセージ

「失恋は、もっと素敵な恋のためにある」
「苦しさを我慢しても 人生修行にはならないよ」
「『不甲斐ない』と思うのは あなたがもっとよくなれるから」
「あなたが変えられるのは あなた自身と未来だけ」
──落ち込んだとき、だれかに元気づけてほしいとき、何度でもこの本を開いてみてください。先人たちの残してくれた言葉のなかに、あなたの“心の杖”となる言葉が、きっと見つかるから。
四六版変型並製 定価(本体1300円+税)