30歳の時に駆け込み婚をしたものの、3年半で離婚してしまった水谷さるころさん。自らの体験を踏まえて、結婚とは何か、自分にとって幸せとは何かをとことん考えた末に事実婚を選択した経緯を、『結婚さえできればいいと思っていたけど』で赤裸々に描いていただきました。波乱万丈のアラサー女10年記、心してお楽しみ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

この続きは書籍版『結婚さえできればいいと思っていたけど』をチェック!

この記事をシェア
この連載の記事
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

水谷さるころ『結婚さえできればいいと思っていたけど』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)