あなたの周りに、タバコのポイ捨てを注意するような人はいますか。
 売れ行き好調な
『絶対正義』(秋吉里香子・著)のヒロインは、些細な違反や罪を見つけ次第、家族でも、親友でもすぐに警察に差し出す新種のモンスター女です。異常すぎる正義感の持ち主と仲良くしてしまった、アラフォー女性たちの怖すぎる物語を3回に分けて徹底解剖! 第2回は、作品に絶対保証の太鼓判を押す、藤田香織さんの書評をご紹介!

                                     *   *      *
 

「絶対」という言葉には、微妙な胡散臭さがつきまとう。
「絶対ヒミツにするね」「絶対忘れないよ」「絶対幸せにするから」。今までの人生において「絶対」が頭についた言葉は、なにひとつ「絶対」じゃなかった。

 ところが、本書で描かれる「正義」は、確かで、頼もしく、どこまでも揺るぎがない。「絶対」を冠するにとことん相応しいのだ。
 でも、それでも。「絶対正義」という四文字には、やはり不穏な臭いがする。素晴らしく嫌らしい、実に絶妙なタイトルだ。

 大筋を説明しよう。主な登場人物となるのは、高校時代の同級生で、現在はアラフォーとなった四人の女たちである。独身のままノンフィクション作家として活動している和樹。シングルマザーとして小学四年生と六年生の息子を育てている由美子。アメリカ人の夫と起ち上げたインターナショナル・スクールを軌道に乗せた理穂。中堅どころの演技派女優としてのポジションをキープしている麗香。それぞれに立場は異なれど、平穏な日々を過ごす彼女たちのもとに、ある日一通の封書が届く。

 洒落た薄紫色の紙にパールの光沢。結婚式の招待状と見間違うほど美しい封筒。裏の封蝋に押されたNのイニシャル。差出人の名は高規範子。薄紫のりんどうの花が好きだった、和樹たち四人が五年前に殺した友人からの手紙だった。

 早々に、語り手となる和樹たちが、かつての友人・範子を殺害したことが明かされ、その死者からの招待状が届いたことをきっかけに、高校時代から殺害に至るまでの時間を遡っていく。

 高規範子は、和樹たちが出会った高校一年生の時から、既に「正義の人」だった。農林水産省に勤務する父親の転勤に伴い、和樹らの地元山梨県に越してきた範子は、髪型や服装も地味で、礼儀正しく、成績は学年トップ。その上、正義感に溢れていた。臆することなく痴漢を撃退し、泥棒騒ぎがあれば真相を追及してみせる。友人であろうと教師であろうと不正は決して許さない。幾度となく窮地を救われた四人はそんな範子に感謝し、仲間であることを誇りに思っていた。……一時期は。

 範子はいつも正しい。何も間違っていない。でも、だけど……。抱き続けていた微かな違和感は、高校卒業十五周年の同窓会で再会し、定期的に食事会を開き、顔を合わせる機会が増えたことで強まっていった。挙げ句、四人は範子を死に至らしめるのだが、その過程で「正義」とは何なのか、四人と同時に読者もまた、考え込まずにはいられなくなる。

「正義の味方」が殺されるには、どんな理由があったのか。確実に殺したはずの範子からの招待状には、どんな謎が秘められているのか。恐らく、読者によって本書の「怖さ」は異なるが、だからこそ面白い。正義の「魔力」に震えてください。

  

藤田香織 
1968年三重県生まれ。書評家。著書に『だらしな日記』シリーズ、杉江松恋との共著『東海道でしょう!』(共に幻冬舎文庫)、『ホンのお楽しみ』(講談社文庫)などがある。


『絶対正義』の特集は、小説幻冬12月号に掲載しています。
第2回は、1月日26日(木)公開予定です。次回は、作品の裏側を明かす、著者・秋吉理香子さんのインタビューをお届けします。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

プレゼント情報

秋吉理香子さんの直筆サイン入り書籍を抽選で2名様にプレゼントいたします!

                        プレゼントに応募する

 ※応募締切は2月6日(月)23:59です。
※幻冬舎plusの無料会員の方のみご応募いただけます。まだ会員でない方も、
こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。

関連書籍

秋吉理香子『絶対正義』
→書籍の購入はこちら(Amazon)