毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.01.27

第3回(全3回)

「この世界はクソだ」と知ることから始めよう

津田 大介/安田 菜津紀

「この世界はクソだ」と知ることから始めよう

 ジャーナリストでありメディア・アクティビストの津田大介さんと、フォト・ジャーナリストの安田菜津紀さんは、今年、世界と日本のどんな動きに注目しているのか?
 不寛容、当事者性の欠如、効率性至上主義……「クソ」なのは日本だけじゃない。そんな世界を私たちはどう生きていくのか。メディアに何ができるのか。連続対談の最終回です。 
                       (構成:岡田仁志 写真:岡村大輔)

■日本より欧米での報道のほうが大きかった相模原の事件

安田 電通の24歳の女性社員が自殺したこともあって、去年はブラック企業の問題も大きく浮上しました。今年は政府も「働き方改革」なるものに力を入れるようです。

津田 あの自殺は、避けられたはずなんですよ。なぜなら、電通は90年代にも同じような自殺者を出して、その裁判では企業側に初めて過労自殺の責任を認める判決が出ているからです。労働裁判の歴史に残る判例を悪い意味でつくってしまった電通が、再び同じことを繰り返した。これは非常に大きな話です。
 ただ、これは電通だけではなく、日本社会全体の問題とも言えます。いまだ社会のいたるところに男女差別が残っているし、それが彼女を追い詰めた面もある。「われわれ全員が彼女を殺したんだ」という当事者意識を持たないといけない。

安田 私の周囲では「あれは自分だったかもしれない」という声が予想以上に多かったんです。「長時間労働+パワハラ、セクハラ」というのは、多くの若い世代にとって他人事ではないんですね。
 まったく違う事件ですけど、去年起きた相模原の大量殺人事件と過労自殺は根底でつながっていると思うんです。どちらも、「生産性」や「効率性」が社会の物差しになっていることが大きな要因。生産性や効率性だけを重視すると、障害者を排除する考え方になってしまうし、働き方もどんどん過酷になります。

津田 相模原の事件はナチスの優生思想と近い話ですよね。その意味では人類史的な大問題と言える。ところが日本では、あっという間に忘れられてしまった。日本より欧米での報道のほうが大きい扱いで報道されていた。
 本来、あれは思想界や批評界が大文字で論じるべき話だったと思いますが、日本ではそういう言論が出版界も含めてなくなってしまったんですね。昔の日本なら、あの事件をきっかけに論壇誌が大特集を組んだでしょう。でも、いまは論壇もメディアもそういう機能を失ってしまった。

安田 若い世代が抱えているこの生きづらさは、どうしたらいいんでしょうかね。

津田 やっぱり「この世界はクソだ」と認識することからスタートしないといけないんじゃないですかね(笑)。だって、トランプが大統領になっちゃうわけですから。そういうクソな世界を目の当たりにして「自分はちっぽけすぎて何もできない」という思いを抱えて、それが生きづらさや政治不信につながってるような気もしますね。

★がついた記事は無料会員限定

津田大介さんの本(池上彰さんとの共著)
『テレビ・新聞・ネットを読む技術』 (中経の文庫)
ご購入はこちら(Amazon)

 

 

 

 

安田菜津紀フォトカレンダー2017
(チャリティカレンダー。売上の8%が特定非営利活動法人日本イラク医療支援ネットワーク〈JIM-NET〉に寄付されます)
ご購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!