あなたの周りに、タバコのポイ捨てを注意するような人はいますか。
 売れ行き好調な
『絶対正義』(秋吉里香子・著)のヒロインは、些細な違反や罪を見つけ次第、家族でも、親友でもすぐに警察に差し出す新種のモンスター女です。異常すぎる正義感の持ち主と仲良くしてしまった、アラフォー女性たちの怖すぎる物語を3回に分けて徹底解剖! 第1回は、ストーリーと登場人物の魅力をお届けします。


あらすじ紹介ー正義しか愛さない女・範子は殺されます。

高槻範子は、高校生のときからいつでも礼儀正しく、どんな小さな違反も罪も許しません。卒業し、結婚して子供を持った今でもなにより正義を愛していました。正義感と使命感に溢れた範子は、同級生4人ー和樹、由美子、理穂、麗香が窮地に陥る度に救っていました。しかし、感謝していた仲間たちによって、範子は殺されます。
 

人物紹介ー正義のモンスター女・範子の被害者たち

今村和樹
ヒットを連発する有名編集者だったが、老舗の出版社から独立、ノンフィクション作家に。最近出版した作品が大きなノンフィクション賞にノミネートされる。

西山由美子
働かない夫と、幼い子ども2人を抱えて、日々掛け持ちのパート仕事に追われる主婦。夫が隠していた借金の存在を知り、離婚を望んでいる。


理穂・ウィリアムズ
留学時代に出会ったアメリカ人の夫とインターナショナル・スクールを経営する。裕福ながらも、不妊治療がうまくいかず苦しんでいる。

石森麗香
子役タレントから、演技派女優にうまく転身し、成功する。キャリアは順調だが、妻子ある男性との関係に悩んでいる。
 

殺した女からなぜ手紙が届くのか?

4人全員で殺した範子から届いた結婚式の招待状。送ってきたのが範子であるはずがない。五年前のあの日、確かに全員で殺したのだから。しかしそうだとすると、仲間のうち誰かが送ってきたとしか考えられなくなる。由美子、和樹、または麗香。
送り主はいったい誰なのか? 
 

著者・秋吉理香子さんによるメッセージ


『絶対正義』の特集は、小説幻冬12月号に掲載しています。
第2回は、1月日23日(月)公開予定です。次回は、「素晴らしく嫌らしい。面白さ「絶対保証」!?」とこの作品に太鼓判を押す、藤田香織さんの書評をご紹介します。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

プレゼント情報

秋吉理香子さんの直筆サイン入り書籍を抽選で2名様にプレゼントいたします!

                        プレゼントに応募する

 ※応募締切は2月6日(月)23:59です。
※幻冬舎plusの無料会員の方のみご応募いただけます。まだ会員でない方も、
こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。

関連書籍

秋吉理香子『絶対正義』
→書籍の購入はこちら(Amazon)