毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.01.09

第200回

おしるこ→カレー

益田 ミリ

おしるこ→カレー

 クリスマスの夜に映画を観に行った。映画の前の早めの「ディナー」はカレーだった。カレーを食べて、映画を見る。いい感じのクリスマスである。
 カレーの前には、おしるこを食べに行った。クリスマスケーキの代わり、と思って食べるおしるこもまたいい感じだった。ちなみに、とらや、のおしるこである。
 老舗のカレー屋は雑居ビルの2階にあった。
「クリスマスだし、なんかおいしいもの食べたいねぇ」
 じゃあ、やっぱりいつものカレー屋だわな。辛い、辛いと汗を拭きつつうちの彼と食べていたら、家族連れが入ってきてギョッとした。「空いてますか?」とお父さん。連れているのは幼稚園から小学校まで、男の子の三兄弟。店の人は大慌て。「うちのカレー、かなり辛いです」。そう、わたしがギョッとしたのも、「こんな小さい子たちも、ここの常連なんだ!」という驚きである。しかし、どうやら子供用のカレーがあると見込んで入ってきたようで、ないとわかると残念そうに帰って行った。 
「また大きくなったら食べにきてね!」 
 お店の人が明るく言っていたのが、なんだかよかった。
 観た映画は『14の夜』。実は前日のクリスマスイブが公開初日で、行ったらすでに立ち見のチケットしかなかったので、翌日のクリスマスにリベンジしたのだった。
 14歳の男の子たちの夏休みの物語、というだけで甘酸っぱく、クリスマスにはなんの関係もないけれど、楽しみにしていたのである。
 一度でいいからオッパイを揉んでみたくて、都市伝説に振り回されつつ、夏の夜、オッパイのためだけに14歳の少年が全速力で走るシーンに、胸がじーんと熱くなった。
 エンドロールが流れ、明かりが灯った。いい映画だったなぁと立ち上がりかけたとき、サプライズで監督の舞台挨拶があった。
「クリスマスの夜に、この映画を観てくれてありがとうございます」
 というセリフに、笑いが起った。 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

益田ミリ『ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


益田ミリ『きみの隣りで』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!