小さい頃から何でも「0か1か」で考えてしまって、「程度問題」というものがうまく理解できないところがあった。
 例えば傘について。小学生くらいの頃、雨が降っているときは傘をさせ、とみんな言うけれど、傘をさしてもズボンの裾や鞄など体の一部が濡れることがあるのが納得できなかった。
「雨」という問題に対して自分は「傘をさす」という一般的社会的歴史的に正しいとされている解決法を取っているはずだ。それでも濡れる部分があるというのは何かおかしいんじゃないか。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定