左から、進行役の大阪大学招聘教授の高島幸次さん、有栖川有栖さん、桂春之輔師匠。有栖川さんの名前の謎を、高島さんと師匠が解き明かす数分間だけ、撮影OKとなった貴重なショット

 

 年の瀬迫るクリスマス。その日もだんだん暮れる頃、大阪・天満天神繁昌亭の前はいつも以上に開場を心待ちにする人たちで賑わっていました。

 毎月25日に行なわれている「天神寄席」の今回のテーマは〈落語はミステリアス〉。そこに、ミステリー作家・有栖川有栖さんが鼎談ゲストとして呼ばれていたのです。鼎談の中でわかった話によれば、ここ数年のクリスマスとは打って変わってチケットは即完売、男女ともにイキのいいお客様の割合も増えたそう。恐るべし“アリス効果”です。

楽屋にあった当日の進行表。二つ目の演目は、以前、幻冬舎plusでも紹介した久坂部羊さん作の『移植屋さん』。演者の桂九雀さんの改作も加わり、さらにパワーアップ

 

 前半三つの演目を楽しみ、中入後にいよいよ始まった鼎談では、有栖川さんと落語の知られざるつながり――中学生の頃から落語好き、台本も書いてラジオに応募していた――といった話が明らかにされつつ、徐々に「ミステリー」と「落語」のつながりとはいかに? の本題へ入っていきました。

「落語といえば滑稽話や人情噺・怪談噺などが思い浮かぶけれども、実は、ミステリー風の噺も少なくない」と春之輔師匠と高島さん。そうして今宵選ばれた演目は、「ろくろ首」「移植屋さん(久坂部羊作)」「算段の平兵衛」(有栖川さんのリクエスト)「猫の忠信」「足上がり」という普段あまり聞けないものも入った五つです。

「なぜ? の答えがちゃんと示されて終わるのがミステリー」という有栖川さんの一つの解説に、演目の具体的な例が加わると、確かに「ミステリー」と「落語」が案外親密なことがわかります。噺(=物語)の面白さの秘密も教えてもらったようで、いつもと違った落語の顔が垣間見えたようでした。

 “鼎談が始まる5分前にちょっと挨拶しただけ”とは思えぬ春之輔師匠(しかも横溝正史好きと発覚)と有栖川さん、そして進行役の高島さんの掛け合いも絶妙な上、始まる前にあれこれ思っていた謎も解けてスッキリ、大満足の一夜です。

鼎談というより、やや漫才寄り……!? 

 大阪・繁昌亭のスペシャルゲストは今後もいろいろ続くそうです。毎月1回のこの天神寄席にふらりと立ち寄るのもいいかもしれません。演目も大いに楽しめて、こうしたジャンルの垣根を超えた話にも出会えるとは、本当に贅沢な時間です。

 そして落語の新作応募をしきりに勧められ、あたためているアイデアが何かありそうだった有栖川さんからも目が離せません。ミステリーの新作ももちろん読みたいし、有栖川さんの書く落語も見てみたい……。欲しい、欲しい、のファン心理ですが、どちらも来る日の喜びを想像しつつ、首を長くして待とう、としみじみ思う夜でした(S)。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

(関連書籍)

『鍵のかかった男』有栖川有栖

自殺か、他殺か−−−。誰よりもひっそり生きてきた男の過去は悲しすぎた。

書籍はこちら(Amazon)
電子書籍はこちら(幻冬舎plus)