たとえばあなたが上司へ何かを説明するとします。想定外の質問に対応し、心に余裕がなくなったあなた。一生懸命、説明しているつもりだが、どうにも上司には伝わっていないように感じる。焦る気持ちも手伝って、だんだんと自分が何を言っているのかわからなくなる。気づけば、自分は話の着地点を探しながら喋っていた……

ビジネスパーソンならこのような経験は誰しも心当たりがあるでしょう。お恥ずかしながら、かつての私もそんな経験をしたひとりです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)