「わかりやすい説明」を作るテクニック

前回のキーワードは「夫婦のジョギング」でした。自分のペースでどんどん話をしてしまうと相手はついていくのが大変。だから相手のことを考えてペース配分しなければならないということです。
ではそれだけ意識できていればあなたは常に「わかりやすい説明」ができるかというとそうではありません。いくつかテクニックが必要になります。
そこで今回はそのテクニックをまずひとつご紹介することにします。

とはいえ、それはテクニックと呼ぶほど大層なものではありません。誰でも知っている言葉を使うべきときに使う。それだけです。
その言葉とは、接続詞です。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)