毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.01.03

第3回

コーヒーの香りと本棚と

辻山 良雄

コーヒーの香りと本棚と

(photo : 齋藤陽道)

 あけましておめでとうございます。今年も「本屋の時間」をよろしくお願いします。

 正月の本屋には、普段よりは少しゆったりとした時間が流れています。そんな気分を反映してか、時間がある時に読みたくなるような少し厚めの本や、シリーズものがまとめて買われるのも、この時期の特徴です。以前、書店に勤めていた時には「この時期には普段と違う本が売れる」と言われてきましたが、それはゆっくりとした気持ちでいるお客さまが、棚に置いている商品を、いつもより念入りにご覧になっているからではないでしょうか。

 正月ではなくても、Titleは都心より少し離れた荻窪にあり、しかも駅からは少し歩いたところにあるので、普段から店の中で急いでいる人はあまり見かけません。

 お客さまに店内でゆっくりとくつろいだ気分になっていただくためには、そうした環境を整える必要があります。店主の視線を感じないレイアウト、BGM、室温、並べている本に違和感がないこと……。本を選び、本と出合うのはお客さまなので、店としては主張をせず、その出合いを邪魔しないように心がけています。

 Titleにカフェがあることも、店内の時間を落ち着いたものにさせていると思います。本を探したあと、カフェの中でその本をゆっくりと読む人も多いですが、最近では先にカフェで落ち着いてから本を探す人も増えてきました。温かいコーヒーを飲んで緊張がほぐれたあと、ゆっくりと本棚を見ると、本がまた違うように、心に直接語りかけてくるような気にもなるでしょう。そうして自分の五感を頼りにして出合った本を連れて帰っていただく。レジに本をお持ちになるほころんだ顔を見ることが、本屋の喜びでもあります。

 

 今回のおすすめ本

『中谷宇吉郎 雪を作る話』(平凡社STANDARD BOOKS)

「雪は天から送られた手紙である」という有名な一節は、聞いたことがある人も多いと思います。中谷自身は探求心に溢れた科学者で、そのまなざしは常に、真理を獲得することに対して向けられていました。その真っすぐで透明な視線が、詩情に満ちた言葉を生むことになったということが面白いと思います。中谷のエッセンスがわかる一冊。

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

◯2017/2/22 19:30〜
本屋トーク 辻山良雄(Title)×大井実(ブックスキューブリック)
@スタンダードブックストア心斎橋
Title店主・辻山 良雄氏(『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』)と、福岡のブックスキューブリック店主・大井実氏(『ローカルブックストアである: 福岡 ブックスキューブリック』)のダブル刊行を記念したトークショーを開催。
詳細はこちら

 

『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<重版出来!!>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!