キラキラ女子の出現により、キラキラという言葉には「ハイスペ狙いの銭ゲバ女」的なイメージがついたが、本来は「いくつになってもキラキラ輝き続ける女性」というように、肯定的な意味で使われていたのだ。

しかし、キラキラ輝き続けるのは疲れる。
地下鉄の窓に映る自分を見て「亡霊?!」とギョッとするJJ(熟女)は、通勤電車で立っているだけでやっとなのだ。「仕事にプライベートに全力投球」とか言われても、全力投球すると肩を壊すし、ヘタしたら心臓発作で死ぬ。

私も20代の頃は全力投球していたような気もする。仕事後に合コンに参加して泥酔してゲロ吐いて道ですっ転んだりしていたが、いまや素面の時でも転ぶし、転んだ時に受け身もとれない。

「何もないところで転ぶ」もJJあるあるだ。ここが乙女ゲーの世界なら

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

アルテイシア『59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋』
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)