2016年にひとつ祝日が増えました。それは、「山の日」! 8月12日というお盆直前で独立した存在感は薄いですが、来年以降も、休日のありがたさを満喫したいものです。さて、そんなお休み、どこに行きますか? 休みが一日、いや半日しかなくとも、スパッと日常を脱出することはできるのです。今回、ご紹介するのは、冒険の案内役となってくれそうな記事ばかりです。ぜひ実行してみてください。

 

〇深夜の高速道路は宇宙のよう
ぼーっとしたいときは高速バスに乗る(前編)
Pha

〇思い立ったら、流れに身を任せる
真夏の午後五時「どっか行こう」
益田 ミリ

〇登って下りる、至高の体験
山に登る理由がわからないから本を読む 前編
湊 かなえ/神谷 浩之

〇あなたの知らない日本
東京都に砂漠があるらしい!? しかも海の向こうに! こいつは面白そうだぞ。
宮田 珠己

〇日本にいながら世界を知る
ユダヤ人の安住の地はどこなのか?
イシコ

〇大人も使える青春きっぷ
青春18きっぷは、僕にとっては「大人へのきっぷ」だった。
歌う旅人・香川 裕光

〇早速、新年にいかが?
お伊勢参り
いとうあさこ

〇想像力が一番遠くに行ける
現実逃避
きくちゆうき

〇知らない土地のドキドキひとりメシ
「外食」にまつわるノート
山田 マチ

〇冒険するには時間が必要
忙しいのに時間を自在に扱う人の考え方
はあちゅう
http://www.gentosha.jp/articles/-/6044


〇パートナーがいればより心強い
自分の場所の見つけ方(後半)
佐久間 裕美子

〇過去には知らない自分がいる
幼少期の日記を読んだらびっくりした話
Mami

〇東京をぶらりぶらりと歩きましょう
都内でできるお遍路めぐり 三寳寺
長田 幸康

〇めくるめく快楽を覗き見る
官能小説の世界へようこそ

〇仕事の途中で銭湯へ行く贅沢
『昼のセント酒』<久住昌之(原案)×魚乃目三太(画)>
コミック版「第一湯 鶴の湯」


〇意外な場所でホロリと感動
兵庫県・加古川市 場末のハンバーガーショップの話
コラアゲンはいごうまん
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定