毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.12.26

久しぶりのベトナム上陸!

ツレヅレハナコ

久しぶりのベトナム上陸!

はじめてベトナムへ行ったのは、
ちょうど「ベトナム雑貨ブーム」がひと段落した2000年のこと。
ホーチミンの中心であるベンタイン市場へ行けば、
「サンダルアルヨ! バッグヤスイヨ!」と腕をつかまれまくっていた。

でも私のお目当ては、
これでもかとビーズが貼りついたバッグでも、
1km歩けばバラバラに壊れそうなミュールでもなく、
ただひたすらに「ベトナムのごはん」。
当時の女性誌で〈ベトナム雑貨特集!〉的なものを見るたび、
「食べもの、食べもの……」と記事を凝視しながらページをめくっていたのです。

「写真」+「コメント」という形で飲み食いの記録を残そうとしたのも、
この初ベトナム旅行がきっかけだった。
まだ、ろくにインターネットもないアナログ時代だったので、
飲み食い写真を小さなスケッチブックに1ページずつ貼りつけまして。
さらに、いちいち手書きでコメントをつけたものが今でも残っている。

ん……? これって今でいう「インスタグラム」なのでは……!?
今でこそ毎日のように飲み食いの写真をインスタにアップしている私ですが、
誰ともオンラインでつながらないスケッチブックへ記録せずにいられないほど、
その感動は強かったのだと思う。

 
手元に残る2000年のベトナムごはんスケッチブック。なにげに、コメントの内容や口調は今とほとんど変わらない。

路上に並んだ地面すれすれの小さなプラスチック椅子に座り、
ハーブをどっさりのせて食べる汁麺「フォー」、
スカスカ食感のバゲットにハムやパテ、なます(!)をはさみ、
ニョクマム(=魚醤。ベトナムの醤油)をかけるサンドイッチ「バインミー」、
ずらりと並んだ茶色い甘辛おかずを指さしで選び、
汁ごとごはんにのせてワシワシ食べる食堂「コムビンザン」……。
なにを食べてもおいしくて楽しくて、「うまーい!」と叫びながら食べまくった。

そして、あれから16年。
ふと「ベトナムでごはんが食べたいなあ」と思い立ち、
行ってきました怒涛の3泊4日!!
手探りだったあの頃よりも、うまいもの情報を得る環境は各段にパワーアップ。
インターネットやガイドブックはもちろん、
ご縁のあるベトナム料理研究家・高谷亜由先生からもオススメ店情報を伝授(感謝!)。

どう考えても「10日間くらい行ってたの?」という飲み食い量ですが、
ぜひ、どなたかの「うおー!ベトナムでごはん食べたーい!」という
きっかけになったらうれしいです。
さあ、「ăn cho vui(=一緒にごはんを食べましょう)」!!
 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

ツレヅレハナコ『女ひとりの夜つまみ』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!