毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.12.20

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)が第156回直木賞候補にノミネートされました

幻冬舎編集部

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)が第156回直木賞候補にノミネートされました

 2016年9月に刊行され、全国の読者からの感動と驚嘆と感謝の声が、今も寄せられ続けている『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)。構想から12年、取材11年、執筆7年という著者渾身の作品でもある本作が、見事、第156回直木賞候補にノミネートされました。

 ピアノコンクールを舞台に、数多の天才たちが繰り広げる“競争(コンペティション)”という名の自らとの闘い、そして美しい音楽の世界がありとあらゆる言葉で描き尽された本作。

 この至福の世界にまだ足を踏み入れていない方は、この機会にぜひお手にとってお楽しみください。

 また、作中の音楽を実際に聴いてみたい、というたくさんの読者の方々のご要望にお答えして、さらにうれしいお知らせが。

 明日(12/21)から、本作品のコンクール曲が作中の演奏順に聴けるプレイリスト(監修:恩田陸、協力:ナクソス・ジャパン)を幻冬舎plusで公開します。豊かな音の描写にたゆたいながら、耳でもたっぷり、何度でもお楽しみください。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

恩田陸『蜜蜂と遠雷』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon) 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!