すべての仕事は「伝える」で終わる

数学的コミュニケーション術と題して、これまで大きく3つのエッセンスをお伝えしてきました。


・定量化すること
・グラフを使うこと
・プレゼンの設計をすること
 

 

しかし、この連載はあくまでコミュニケーションが主題。大切なテーマがまだ1つ残っています。そう、「伝える」です。あなたがどんな仕事をしていても、けっきょく最後にしていることは「伝える」ではないでしょうか。

まず手元に数字を用意する、あるいは自分でつくる

伝わりやすいようにグラフなども使って準備する

「なるほど」と思ってもらえるように説明の仕方を考える

たいていの仕事はこの流れで進むはずです。すべてこの連載でお伝えしてきたことです。そしてこの後にすることは1つ。上司や部下、お客様などにわかりやすく伝えることです。

そこでこの連載の最後のテーマを「わかりやすく説明する」とし、あなたがビジネスの現場で結果を出せるためのエッセンスをお伝えしていこうと思います。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)