私の大好きな友達の一人に、スケッチブックで会話する子がいる。ちなみに彼女は日本人。いつもスケッチブックをカバンに忍ばせていて、最初は口頭で会話していても、「うーん、ちょっと待って下さいね、こういうことなんです」と言って、カバンからそれを取り出して絵を描き出す。私は「なるほどなるほど。私は今その絵の左側が大事だと思っていて……」と続ける。

その彼女は「わたし、ことばで話すのが苦手なんです」と言う。
「りょかちさんはいいですよね、ことばにするのが上手」と言ってくれる。

だけど実は、私も話すのが苦手だ。もっと正しく言うならば、口頭でのコミュニケーションが苦手。書くのも得意だとは言い切れないけれど、文章を書いて人とコミュニケーションをとるほうがずっとラクだ。だから2人の話が熱を帯び出すと、私は彼女のスケッチブックにことばを書き出す。彼女はそれを絵に取り込んでくれる。

言語はそれぞれ「性格」をもっている

複数の言語を話せる人なら感じたことがあるかもしれないが、「言語」には特色があるらしい。日本語ってこういう性格をもっているよね、とか、英語ってはっきりした表現が多い、とか。

その友人と話していると、私もそれと似たようなことを思う。彼女のコミュニケーション(イラスト)と、私のコミュニケーション(テキスト)には特色がある。

彼女の得意なイラストのコミュニケーションは、普段の口頭でのやりとりよりも「ローデータ」な感じがする。情報量が多い。抽出されていない、脳みその中のデータそのままな感じ。だけどだからこそ、より一層伝わる。

私が得意なテキストのコミュニケーションはそれに対して、より抽出されたデータだ。

脳みその中のデータを既存の「ことば」に変換して相手に投げる。「ことば」はみんなの脳みその中身を交換しやすいように、意味のコアな部分をシンボル化したデータだから、とっても軽くて使い勝手が良い。既存のものを組み合わせるだけなので人の知識やPCの中にもそれらを伝えるための素材が揃っていて、口頭でもメールでもいろんな手法で送ることが出来る。

ただ、コアな部分だけ抽出したデータだからこそ、余白が削ぎ落とされてしまう難点がある。「正しい言葉が見つからないけれど、なんか違う」みたいなこのエラーを、人は「ニュアンスが違う」というのかもしれない。(つづく)

■■■つづきは書籍『インカメ越しのネット世界』でお楽しみください ■■■

インカメ越しのネット世界 りょかち(著)

◯内容紹介
IT企業で働く傍ら「自撮り女子」として人気の著者が、セルフィーアプリ、ネットレビュー、動画コミュニケーション、ネット広告の未来、マッチングアプリ、サブアカウント、SNS時代のブランディング、レガシーメディアとWEBメディアなどの新しいインターネット文化を独自の目線でエモく斬る! 幻冬舎plusので人気連載に書き下ろしコンテンツを加え、待望の書籍化。巻末には、はあちゅうとの15,000字を超える赤裸々対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために」も収録。さらに購入者限定にりょかちからLINEであとがきが送られてくる特典付き! 

 

↓↓購入はこちらから↓↓
◯電子書籍版(5/26発売)
Amazon Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B0728BJBNK/

楽天kobo
http://books.rakuten.co.jp/rk/fddc2bcfbfc731678efe2d0dbd4f64bd/

iBooks
https://itunes.apple.com/jp/book/id1237523367?mt=11

◯紙書籍<プリントオンデマンド版>(5/26発売)
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B071HV6CS3

↓↓イベントもします!↓↓
さらにさらに!! 
出版を記念して1日限りの「りょかちBAR」イベントを開催します。
詳細はこちら → http://www.gentosha.jp/articles/-/7923

 

■■■自撮り裏話■■■

 

自撮りの定番である"モノで輪郭を隠す"というワザ。一時期「歯痛ポーズ(手で輪郭を隠す)」が流行しましたが、男性も女性も実は手をよく見ているもの。「手がぽっちゃりしていると実際はもっと太っているんだなと思う」と男性に言われたこともある!!気をつけて!!モノを使うなら、手が見えないくらいモノ自身が大きくてフォルムが直線のモノが最適。例えばパンフレットや、手軽なもの?ならジョッキなど!輪郭を隠すのが簡単です。自撮りの味方はビールでありハイボール!!!みなさんもこれからの忘年会の季節に是非お試しください。
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定