数学的であることは大事。しかし……

ここまで計8回の連載を通じて、プレゼンテーションというものを数学的なフィルターを通して眺めてきました。
いよいよこのテーマでは今回が最終回。計9回のまとめも兼ねて、最後に私が考える「プレゼンテーションにおけるもっとも大切なこと」をお伝えすることにします。

さっそくですが、私なりに計8回の内容を要約すると、次の1行で表現できます。

プレゼンテーションの設計は、数学的でなければならない

ここまで連載にお付き合いいただいたあなたも、おそらく同じ認識ではないでしょうか。しかし、この1行がプレゼンテーションにおいてもっとも大切なことかと言われたら、私の答えは「NO」です。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)