「働くこと」がうまくいかない人に対して、日本人は、もともと厳しい。
しかも、雇う側も、雇われている側も、同じように厳しいのだ。
それゆえ、ドロップアウトしてしまうと、人は自分を責めてしまう。それが、自殺へと向かわせてしまうのだ。
日本人の”基本的メンタリティー”を見直さなければ、こうした悲劇は、再び起こる可能性が十分にある。

    *   *   *

 高度成長期、バブル期において、すでにわが国においては、突出したさまざまな心理‐社会的な問題が出現していたが、経済が好調だったために、それほど目立つものにはならなかった。
 しかし、長い低成長の時代を迎えて、それらは直面すべき問題として、われわれの前に突きつけられている。その一つは、教育と学校に関する諸問題であり、不登校やいじめの問題は少しも解決のきざしを見せていない。<

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)