毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.12.10

「電通過労自殺バッシングの裏にある日本人のメンタリティー」第2回

「過重労働」した人が、「自殺」しなくてはならなかった
――残酷すぎるリアルな記録

岩波 明

「過重労働」した人が、「自殺」しなくてはならなかった<br />――残酷すぎるリアルな記録

「働きすぎ」が、どんなふうに人の生活を蝕み、心を壊していくのか。そして、それが、悲劇的な「自殺」へと向かってしまうのは、何がどうなっているのか――。
今回は、“第一の電通事件”の裁判から、過労自殺について考えていきます。この裁判において、原告側は、被害者の方の経緯をつぶさに記録したものを、提出しました。大変貴重な記録ですので、ぜひ、ここで、ちゃんと読んでいただきたいと思います。
この記録をまとめたのは、精神科病院の元院長。精神科医の視点で冷静に記された記録ということになるでしょう。これを読めば読むほど、憤りを感じずにはいられません。

     *   *   *

 ここで、1990年代に起こった、「第一の」電通事件について、その概略を述べておきたい。
 いわゆる「過労自殺」が社会的に認知されたのは、この「電通事件」がきっかけであった。
 1996年3月の東京地裁における電通事件の第一審判決は、「長時間労働」と「うつ病」、「自殺」の間に「相当な因果関係」を認めた。そして、会社側の安全配慮義務不履行の過失に対し、1億2千6百万円の損害賠償を命じた。
 これは、過労自殺に関する初めての司法判断であるとともに、遺族側のほぼ全面的な勝訴となったもので、大きな反響を呼んだ(最高裁においても、ほぼ同様の内容で確定している)。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!