毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2013.11.19

2013 欧州遠征 強化試合 日本VSオランダ

ヤシキ ケンジ

2013 欧州遠征 強化試合 日本VSオランダ

 マンネリ気味だった日本代表が、突如変貌。強豪オランダ相手に2点を先制されながらも、追いつく奇跡。スタメンを入れ替えてチームに刺激を与えたザックの手腕もさることながら、解説席から怪気炎をあげたあのお方も刺激的でした!

 

 今年の日本代表の試合も、この11月の欧州遠征で試合納めになる。
 1年が経つのは早いなと痛感。歳を取ると時間が早く感じるという。たしかにそう思う。
 子供の頃は見るモノ・体験すること全てが真新しい。それは刺激に満ちた時間ともいえる。しかし大人になるにつれて、「これは知ってる。あれも経験したことがある」というように、マンネリを感じることが必然的に多くなっていく。同じようなことを繰り返していると、時間の感覚が薄れていくんじゃなかろうか、という説を聞いたことがある。
 10月の欧州遠征で日本代表のマンネリはピークに達していた。
 変わり映えのないつものスタメン。後半30分を過ぎてから思いだしたように後手でしかない選手交代。それはまるで新鮮味を失ったカップルの予定調和なベッドインを見させられているような、マンネリ極まる采配が続いていた。
「もう俺たちはダメかも知れない。何の新鮮味もないし、楽しくもない。ここらへんで別れた方がいいかも……」的な監督解任論が噴出していたわけである。
 当初は刺激を感じていたことも、人は次第に慣れていく。気付けば慣れはマンネリと化し、大して面白くもなく変わり映えのしない時間の連鎖に埋没していくだけのかも知れない。
 そうならない為に必要なこととは、刺激を与える(拵える)ことである。つまりいつもしている事とはちがうことを試してみる。
 今回のオランダ戦では、ザックJAPAMに大きな変化が起こっていた。
 香川、遠藤、柿谷という不動のスタメンを外してきたのである。
 代わりに入ったのがベンチを温める機会が多かった大迫、山口。
 オランダは試合の3日前にスタメンを発表して日本を舐めているなどと言われていたが、どうせ日本のスタメンもいつも通りでしょというマンネリを大きく裏切るスタメンにかなり驚いた。香川、遠藤といういままでの攻めの要である2選手を外すというのは今までではじめてのことじゃないだろうか。選手交代もいつもとは違い、後半から香川、遠藤を投入するなどザッケローニの変貌ぶり。しかも相手はオランダである。監督ファン・ハールも「日本の選手交代がキイテいたよ」と認めていた。
 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!