自分の企画を通したい!と思ったら……

前回は「自分自身」をテーマに数学的にプレゼンテーションの設計をする練習をしました。まずはそれを基本と考えてください。
ただ、自分の強みをプレゼンテーションする場面はあくまであなたの“プチ自慢”を相手に伝えたに過ぎず、相手を説得するプレゼンテーションではなかったように思います。

そこで今回は少し難易度をあげ、このようなテーマを用意させていただきました。

自分の考えた企画を通したいとき。

ビジネスパーソンならば、多かれ少なかれこのような局面はあることでしょう。自分の仕事を前に進められるか否か、やりたい仕事ができるか否か、まさに勝負どころのひとつといってよいでしょう。

もちろんそのアプローチの正攻法は、Goサインを出せるような根拠を集めて論理的に説明することです。ゴールはもちろん「YES」と言わせること。
しかし、実はこのアプローチはあくまで相手を説得するための1つの方法論に過ぎません。もう1つの方法論とは、「NO」と言わせないことです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)