ここ数年、東京にも「コメダ珈琲」が出店して、名古屋出身者としては、うれしいかぎりです。柔らかいソファーの椅子、温かいおしぼり、新聞&雑誌、トースト&ゆで卵のモーニングサービス、コーヒーについてくる豆菓子、これらがあってこその喫茶店。自分は長居しておきながら、客席の回転率を心配してしまいます。ちゃんと儲かっているのでしょうか。私のリビングが、近所からなくなりませんように。

                   *

 喫茶店で仕事をすることが多いのですが、スターバックスは、なんとなく避けてしまいます。スタバでコーヒーを飲みながら、MacBookをひらき、iPhoneでメールチェックなんて、私みたいな昭和顔の女がやってはいけない気がして、ドトールにいきます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

山田マチ『ひとり暮しの手帖』

希望小売価格:400円(税別)
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

実家をはなれて、およそ20年。
これまでも、きっとこれからも、ひとり暮し。
ここには、ひとり暮しのいろいろなことを書きつけます。
このなかのどれかひとつくらいは、あなたの心に届くかもしれない。
いや、ぜんぜん届かないかもしれない。
そんなふうな、これは、ひとり暮しの山田の手帖です。

 


山田マチ『山田商店街』
→書籍の購入はこちら(Amazon)