毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.26

本日発売!

「小説幻冬」創刊2号
副編集長が思うこと

「小説幻冬」創刊2号<br />副編集長が思うこと<br />

進学で上京し、ホームシックになった私の逃げ場所は小説の世界でした。
喜怒哀楽、興奮と熱狂を与えてくれる物語たち。私は【小説の力】を知りました。
「本が売れない時代に何故?」──これは本誌を創刊する際に問われ続けた言葉です。
出版不況と騒ぐだけで、出版に携わる者が未来を静観し続けている現状。
私たちが風を起こさなければ何も変わりません。だから答えはそこにありました。
私たち幻冬舎一同が【小説の力】を知り、体感しているからこそ、その力は必ず届く
と確信しています。
幻冬舎の文芸は死んではいません。
お陰様で創刊号は最高の船出となりました。この場を借りて御礼申し上げます。
あの日の私のように、【小説の力】を必要としている方々へ、「小説幻冬」が届く
ことを願ってやみません。

副編集長 鳥原龍平
(2016.12「小説幻冬」編集後記より)
 

★がついた記事は無料会員限定

関連雑誌

→小説幻冬の購入はこちら(Amazon)
→小説幻冬の購入はこちら(Fujisan)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!