「いい年してまだ男にチヤホヤされたいのか」という美魔女批判があるが、全国の熟女たちは「このJJ様が男にチヤホヤされたいために女磨きしてると思っていたのかァ――――― ッ!!」と岸辺露伴ばりにブチ切れて、一揆を起こしてもいいんじゃないか。

美魔女とはニンニク卵黄のおじいさんと同様、「命を削ってでもキレイでありたい」というアスリート魂の持ち主。たかが男にキレイと思われたいわけじゃなく、全世界から思われたいのであり、何より自分が一番そう思いたいのだろう。

先ごろ資生堂のCMが炎上して放送中止になったが、若い女にはキレイにしろと言い、若くない女にはキレイにするなと言い「うるせえ、黙ってろ」という話だ。

私もメイクやファッションに対して「そういうのって男受けしないよなw」とか言われると「ヘブンズドア!!」と叫び、そいつの体をバラバラにバラしたくなる。

たとえば私はジョジョネイルやアナルネイルなど、自分の好きなモノをモチーフにしたネイルをしているが、それは指先にジョジョやアナルがあると元気が出るから。べつに男のためにやっているわけじゃないのだ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

アルテイシア『59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋』
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)