毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.28

映画公開までカウントダウン連載①

1番人気のないキャバ嬢・愛菜の話

山内 マリコ

1番人気のないキャバ嬢・愛菜の話

地方都市を舞台にした、ヒリヒリ感と疾走感と愛にあふれるガールズ小説『アズミ・ハルコは行方不明』が、いよいよ12月3日から全国公開! 偶然再会した同級生3人が、1ヶ月前から行方不明になっている安曇春子を遊び半分で探し始めることにーー。
 女の子がこれから幸せに生きていくには、どんな道があるの? そんな問いに寄り添ってくれるこの作品のプロローグから、映画では高畑充希さん演じるキャバクラ嬢・愛菜のお話まで少しだけお楽しみください。

* * *

プロローグ


 夜になると少女ギャング団が出るから、男性は一人歩きを控えるようにとのお達しが警察から発表されて三週間。夜明けの駐車場でまた男が暴行に遭い、失神した状態で見つかった。
 男の名前は三橋学、二十一歳。全身に打撲傷を負っているものの、財布の中身が盗られただけで命に別状はない。少女ギャング団は人を殺すような真似などしないのだ。
 そもそも彼女たちは武器を持たない。ナイフやカッターといった固く尖ったものは男性の武器であり、彼女たちはいつだって丸腰である。しかしだからといって高を括っていると少女ギャング団はやって来て、男だからというただそれだけの理由で、無差別的に襲ってくるのだった。
 なんて恐ろしいことでしょう!
 そのやり口はまさに極悪非道。被害者の証言によると、彼女たちの最大の武器は“よく喋る口”であるという。相手を口汚く罵倒しその自尊心を徹底的に傷つけながら、彼女たちは気が済むまで殴り続けるのだ。その運動能力はやたらに高いという噂。思春期の少女らしいパツパツの太ももから繰り出されるキックは思いのほか重く、最初に股間を一蹴りしてダメージを与えるや、草むらの陰に引きずり込んで殴る蹴るの暴行、そして最後に、信じられないほど完成度の高い飛び蹴りを決め、ノックアウトするという。
 男性が女性の集団に暴行を受けるという辱めゆえ、被害者の多くは泣き寝入りしており、これまで少女ギャング団の存在が明らかになることはなかった。過去に警察に出された少数の被害届を見ても、「酔っ払ってケンカに巻き込まれた」的な事件にボカされていることがほとんどで、そこには少女ギャング団らしき気配は意図的に消されていた。
 しかしネット上の掲示板に書き込みがされるようになると、被害申告はここぞとばかりに噴出。最早この事実は疑いようもなくなったのだった。
 我々の住むこの街には、少女ギャング団がいる!!!


第1部 街はぼくらのもの

 

 

1 木南愛菜とキャバクラ時代

 興味本位で働きはじめたキャバクラで、先輩たちが次々に野球選手と結婚していく。どれも二軍とか三軍とか予備とか補欠とかの、名前も聞いたことないショボい人たちだけど、それでも野球選手は野球選手、少年たちがあこがれる職業の最高峰だ。
 木南愛菜はキャバクラ《摩天楼》の中で、もっとも人気のないキャバ嬢だった。背も低くて胸もなくて、おまけに髪型は金髪に染めたショートカット。「お前みたいな女には発情できねえ!」と、酔ったオヤジに罵声を浴びせられたことも一度や二度じゃなかった。
 キャバで人気のある先輩たちは、中学のころからクラスでいちばん発育のいいお姉さんタイプが多い。顔は化粧でカバーすればみんなだいたい横一線だから、とにかくスタイルがエロいことがポイントだ。性格も、男勝りで口が達者なのがモテる。お客はみんな家では奥さんに正反対のものを要求しているから、その反動でここには奥さん的な要素とかけ離れたものが求められるのだった。中学高校でクラスのカーストトップだったような、気が強くて押しが強くて、ついでに背も高くて胸もあって美人という選ばれし者たちが、卒業後は地元の歓楽街で働くようになり、運が良ければ地方遠征にやって来た野球選手に見初められて、二十四歳くらいで連れ去られるように店を辞めていく。
 源氏名エレナこと今井さんも、そんなふうにして店を去って行った一人だ。今井さんはなんとあの『小悪魔ageha』の編集長から直々に、読者モデルにスカウトされたという伝説の持ち主でもある。
 ぷるぷると揺れる丸い胸、カーヴを描く腰のくびれ、常にS字にキープされた背中、肩甲骨や鎖骨のラインの美しさ。ロッカールームで着替え中の今井さんと鉢合わせすると、直視できないくらい色っぽい体に、愛菜はドギマギして目を伏せたものだ。どうやったらあんなにお腹がぺたんこになるんだろう。お尻がキュッと上向きに締まるんだろう。チラチラ盗み見るようにして着替えていると、今井さんはその日、めずらしく話しかけてきた。
「愛菜って、どっちかっていうとガールズバーでウケるタイプだよね」
 今井さんはキャバの慣例に反して、愛菜を源氏名の胡桃ではなく、なぜか本名で呼ぶ。だから愛菜も彼女のことを、仕事中以外は本名で呼ぶようにしていた。
「ガールズバーっすか?」
 当時はまだこの街にガールズバーなんてものは入ってきてなかったから、それがどういう形態の店なのか、愛菜にはさっぱり想像がつかなかった。そういう最先端なものが会話のあちこちにちりばめられているところも、今井さんをどこか別格たらしめている。今井さんは大きく背中が開いたドレスに着替えると、スツールに腰を下ろして脚を組み、金色のガスライターでピアニッシモの一ミリにしゅぽっと火を点けた。
「愛菜はさぁ、私服はオシャレだし可愛いけど、キャバ系のドレスはあんまりだよね」
「死ぬほど似合わないんですよぉ~」
 愛菜は困ったように笑う。この店での愛菜は年下の道化キャラだから、自分を卑下したり自虐したりはお手のものだった。もちろんあとで、ちょっと死にたくなるけど。
「むしろなんでキャバで働こうと思った?」
「えー、別に。なんとなくです」
 正確には、友達に誘われて一日体験入店に行き、そのまま翌日からフルで働きはじめたのだった。体験入店のときはみんなからちやほやされて楽しかったし、十八歳ってだけで優越感に浸れたから居心地もよかった。でもすぐに飽きられて、最近じゃすっかりお笑い担当って感じ。客も愛菜のキャラを把握すると、「こいつにはなに言ってもいい」と踏んだのか態度も横柄になって、おいブス! この貧乳! と、喜々として暴言を吐いた。
「愛菜、美容師とかなればいいのに。その髪型も、キャバのドレスには合わないけど、私服だとすごい可愛いし、愛菜に超似合ってるし」
「あ、実はこれ、自分で切ってるんです」
「はっ!? えっ、マジで?」
「ハイ。自分で切って、市販のブリーチで脱色して」
「スゴいじゃん! やっぱ向いてると思う! 美容師になんなよ!」
「えーでも美容師って、資格取るの大変じゃないですか。見習いのときはシャンプーばっかとか、そういうの愛菜耐えられないんですよね。もっと楽して生きていきたいっていうか」
「あー、それはあたしもだな。あたしも楽して生きていきたい」
 今井さんは煙草の灰を親指ではじくように落とすと、
「あたしね、実は結婚するんだ」と言った。
 そのときは今井さんの入籍&引退ニュースは、まだ誰の耳にも入っていなかった。今井さんを贔屓にしている野球選手がいて、今井さんがその人の“地方妻”だってことはみんな知っていたけど。結婚と聞いて愛菜はお祝いの言葉も言えず、
「えっ、マジですか? じゃあ店も辞めるんですか?」
 

 

※続きは、明日公開予定です。この連載は、『アズミハルコは行方不明』のp.6~の試し読みです。

 

映画『アズミ・ハルコは行方不明』
監督:松居大悟 脚本:瀬戸山美咲
出演: 蒼井優 高畑充希 太賀 葉山奨之 石崎ひゅーい  加瀬亮
配給:ファントム・フィルム
2016年12月3日より全国ロードショー
©2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会
公式サイトはこちら

 

刊行当時の楽しい弾けっぷりは、山内マリコさんとMamiさんの対談『アズミ・ハルコは行方不明』映画公開記念無敵女子対談 女の子Yeah~~☆☆!!!!』(電子書籍オリジナル)でぜひお楽しみください。


【お知らせ】山内マリコさんのサイン本(単行本)3冊セット×2名様にプレゼント

『ここは退屈迎えに来て』『さみしくなったら名前を呼んで』『アズミ・ハルコは行方不明』(いずれも幻冬舎刊)に、山内さんのサインが入った単行本3冊を、セットで2名様にプレゼント! ふるってご応募ください。詳しくはこちらから! 

★がついた記事は無料会員限定

 
【関連書籍】

アズミ・ハルコは行方不明
電子書籍はこちら
書籍(Amazon)はこちら

 

 

『アズミ・ハルコは行方不明』映画公開記念 無敵女子対談「女の子、Yeah~~☆☆!!!!」 (幻冬舎plus+)
Amazon kindleはこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!