毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.23

第79回

「理由もなく会社がつらいのです。なぜなのでしょうか」回答「あなたには“こうありたい”という欲望がありません。唯一自覚できる“つらい”という感情をご自身にぶつけ、他の感情を引き出そうとしているのです」

橋本 治

「理由もなく会社がつらいのです。なぜなのでしょうか」回答「あなたには“こうありたい”という欲望がありません。唯一自覚できる“つらい”という感情をご自身にぶつけ、他の感情を引き出そうとしているのです」

今回の回答は、橋本治さんです。

◎相談 vol.79(竹糸・会社員・23歳・男性・東京都)

 今は会社が理由もなくつらいのですが、元をただせば何につけてもつらいという感情を抱いてしまうことについて、ご相談させて頂きたく投稿いたします。

 私は23歳で、この春から社会人になりました。世間的には羨まれる学歴から羨まれる会社に入ったと自負しております。また会社も、学生時代の友人の話と比較すると、比較的に労働環境の良い所に入ったと思われます。極端な残業はなく(毎日2~3時間程度)、ハラスメントなどもありません。嫌いな上司・腹が立つ同僚というレベルならば居ますが、そういうものだという理解はしております。

 一方で、自分は恵まれているなと頭では思いつつも、どうしても会社が嫌でたまらなく、酒の摂取量は増える一方です。「何が嫌なのだろう」と考え、思いつくことは些細なことばかりで、「自分は根性なしなのか」と思う毎日です。本当に理由もなくイヤでたまらない、としか表現ができません。

 元を辿ると、学生時代からそうなのでした。1年後に受験があれば1年間その受験に怯え続け(受験は十分人生における重大イベントとは存じますが、そうはいっても私の思考の全てを支配するほど重要なイベントとは思えません)、成績が壊滅的に悪い等の特段理由もないのに「つらいなあ」と思うだけで日を過ごしました。

 大学院時代も同様でした。その時には「自分は無収入でただ学んでいるというこの不安定な日々を憂鬱に思っているのだ」と自らを納得をさせていたのですが、社会人として給料を頂ける生活になった以上、その理屈は通用しません。

 もうただ、つらいからつらいのだとしか思えません。私は、なぜ、こんなにもつらいのでしょうか。

 

◎お答えします(今回の回答者 橋本治)

 私にはあなたのお悩みが、分からないわけではありません。大学受験を控えた高校生の頃、大学受験がいやでいやでしょうがありませんでした。私は、その気になれば全然いい大学に入れるのにと、おそらくは担任教師に思われていたはずですが、「その気になる」などということはありませんでした。「受験勉強なんかはしたくはない」と思う私に、「じゃなにになりたいんだ?」と聞いても、明確な答は返って来ません。「なりたいもの」がないわけではないけれど、それをやれるだけの腕とか技術があるのかと言えば、これもまた「自信がない」で、だから「なにになりたいか」をはっきりと言えない状態でした。

 私は宙ぶらりんで、受験勉強ばっかりやっている人だらけの教室にいて、ずーっと「つらい」と感じていました。「だから、私はあなたにそっくりで、あなたのつらさがよく分かる」と言って、あなたに納得してもらえるでしょうか?もしかしたら「違う」と言われるかもしれません。あなたのお悩みは、「自分が本当にしたいことは別にあるのに、それが出来なくてつらい」というものではないからです。

 でも、あなたのようなお悩みは、普通「自分のしたいことが出来ていないからつらい」という形になるようなものなのです。「普通はそういう風に考えるもの」ということを頭に置いていただくと、あなたの「自分はなぜつらい思いばかりし続けるのか?」という答は見えて来ると思います。

 ずばり、あなたには「自分はこうでありたい」と思うものがないのです。それがないまま、世間的にはなんの問題もないようなあり方を続けているから、つらいのです。あなたにはいささか分かりにくいことかもしれませんが、あなたには「つらい」と思う以外の感情がないのです。あなたはそれを薄々感じていて、「つらい」と思うことで自分を責めているのです。なぜ責めているのかはお分かりになりにくいかもしれませんが、あなたには自分の知る唯一の感情である「つらい」を自分自身にぶつけることによって、「どうして“つらい”だけなんだ!僕には他の感情がないのか!“つらい”以外の感情出て来い!」と、自分に言っているのです。そう思って胸に手を当ててみると、「なるほど」という感じがしませんか?

 あなたは多分、子供の時に豊かな感情をお持ちだったはずです。そうでなければ、あなたは今の「ほぼ恵まれた状態」に辿りつくことは出来ません。「ホントはいやなのに、死ぬほどの苦労をして理想のポジションを獲得した」というわけでもありませんよね?あなたは、メチャクチャな努力をしなくても、「なんとなく出来た」という人なのです。だから、一方では「いやなこと」を発見しつつも、「でも、そういうもんだな」という寛容な態度を示せるのです。そういう「平和」は豊かな感情がなければ達成出来ません。

 でも、あなたを支えていた豊かな感情は、いつの間にか涸渇する方向に傾いてしまいました。それがいつの頃かというと、《一年後に受験があれば一年間その受験に怯え続け》になった頃です。別に、成績が悪くなったわけでもないのに「怯える」がやって来てしまったのは、あなたが「自分の豊かな感情がなくなりつつある」と感じた結果なのだと思います。

 あなたはそもそも豊かな感情をお持ちだったから、「これ以上はもういいや」と思って、感情の豊かさを維持したり増やそうとはしなかった。豊かな貯金量を崩して使い続けるということをした結果、感情で自分を支えることが出来にくくなって、「やらなくちゃ」と思う頭の論理だけで支えるようになったから、「つらい」になるのです。

 こう言えばあなたは、「感情で自分を支えるってなんですか?」とお尋ねになるかもしれません。でも、それは別にむずかしいことではなくて、自分のやることを「好きだ」と思えてしまえば、それをやるのが苦労ではなくなるということです。

 あなたがなくしてしまった、あるいは新しく増やすことが出来なかった最大の感情は、「なにかを好きになる、好きになれる」というものです。物であっても、人であっても、行為であっても、「自分はこれが好きだ」と思えれば、幸福感が生まれます。人間にはそれが必要なのです。

 子供の時のあなたは、豊かな感情とかなり高い能力をお持ちだったはずです。だから、「なんでも一人で出来る」と思って、それをこなしてしまった。その結果、「なにかを好きになる、好きになれる」という能力が、退化したか、成長しなかったのです。

 幸福感がないから、一人で考えるとつらくなる。だから、それを忘れさせてくれる酒の方についつい手を伸ばしてしまう。今のあなたに必要なのは、アルコールがもたらしてくれるフェイクな幸福感ではなくて、「なにかを好きになる」という感情を取り戻すことですね。

 まず、「自分はなにが好きなんだろう? なにだったら好きになれるんだろう?」ということをお考えになるよう、おすすめします。もちろん、それが簡単に見つかるとも思いません。「好きになる」ということは、「その対象から助けてもらう」ということで、自分以外のものに頭を下げることも必要です。もしかしたら、あなたの中ではそういうことも忘れられているかもしれません。「自分はなにが好きか?」の答はそう簡単に出て来るものじゃありません。

 そして、こういうことになると「会社を辞めて自分探しの旅に出る」などということになりかねませんが、あなたのように「順調な人生」を歩いて来た方が突然そんなことをすると、精神的な変調を来たすおそれもありますから、おすすめは出来ません。今の状態を続けながら、「自分はなにが好きなのかな?」とお考えになることをおすすめします。「つらい」の反対には「好き」があって、「好き」と思える感情がなくなると、「つらい」になるのです。

 あなたが「なに」を好きになるかは分かりませんが、しかしあなたのパーソナリティからすると「自分のしている仕事を好きになる」という方向に向かわれるのが、一番ありそうかなという気がします。だから、「自分はなにが好きなのかな?」と考えながら、現在のお仕事を続けられるのが、まずはよろしいかと思います。

「自分はなにが好きなんだろう?」と考えることは、自分の幸福を探り求めることでもあるのですが、もしかしたらあなたは「自分の幸福を考える」ということを、もう長い間忘れてしまっているのかもしれません。「自分の幸福」を考えたっていいんですよ。<

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載がついに電子書籍化!

藤田晋『藤田晋のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


三砂ちづる『三砂ちづるのかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


藤原美智子『藤原美智子のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


橋本治『橋本治のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


幻冬舎で「人生相談」お悩み募集!

「かけこみ人生相談」では、皆さまが今直面しているお悩みを募集しております。仕事、家族、お金、健康など、ジャンルは特に問いません。

ご応募いただいたお悩みは、編集部で選考の上、採用いたします。お悩みには、橋本治さん(1948年生まれ。小説・評論・戯曲など、縦横無尽に創作活動を展開)、三砂ちづるさん(1958年生まれ。津田塾大学教授。世界のお産・子育ての研究をとおして女性の生き方を提案)、藤原美智子さん(ヘア・メイクアップアーティスト。美容の技術から生き方まで幅広く支持される)、藤田晋さん(1973年生まれ。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。起業家のトップランナー)、岸見一郎さん(1956年生まれ。哲学者。アドラー心理学の第一人者)の5名の人生の達人にご回答いただきます。

→応募はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!