毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.28

私たち「ポストタラレバ娘世代」は、井の中の蛙を卒業して幸せになれるか

自撮り女子・りょかち

私たち「ポストタラレバ娘世代」は、井の中の蛙を卒業して幸せになれるか

24歳、バリバリ働く女子が集まる食事会で必ず挙がる話題がある。それは「結婚」だ。

大人気漫画「東京タラレバ娘」はアラサーの恋愛がテーマになっている漫画だが、この漫画の影響力は、同じアラサーだけの範囲にとどまらない。私は自分たち(22歳〜28歳くらい)のことを「ポストタラレバ娘世代」と呼んでいて、むしろこの世代への影響力のほうが大きいのではないかとさえ思う。

私たち「ポストタラレバ娘世代」は、"まだ見ぬアラサー"の悲哀に震えに震えまくっている。

「このままアラサーになっても結婚できなかったらどうしよう?」
「結婚したくなったときにはもうイケてる男性は残っていないかもしれない…」
「仕事は楽しいけれど、このまま仕事を楽しんでいいの?本当はもっと恋愛しなきゃダメなのでは?」

後悔している先人たちはいつだって声がでかい。
「本当のイケメンたちはすでに大学時代の恋人と長い付き合いになっているものだ」
「25歳までにいい人に出会っていたほうが良い」
なんてことを無責任に言ってくる。
この間までキャリアのことで頭がいっぱいだったのに? 
バリバリ働く女性があんなにキラキラして見えていたのに?

大学時代に就活が終わり、就職が決まって働き始めたその瞬間から、私たちはまた社会人としての恋愛と慣れない仕事の間で思い悩むのである。

結婚はいわゆるカードゲーム?

結婚は、実に難しいゲームだと思う。今手元にあるカードでいつでもあがれるけれど、次に引くカードが自分にとって1番いいカードになるかもしれない。市場にはもっといいカードがあるかもしれない。隣のあの子はもっといいカードを持っているかもしれない……。

しかし、一方で、次のカードを引くには手元のカードをいくらか捨てなくてはならなくて、そう考えた瞬間に今手元にあるカードが1番いいように思えてくる。

そして、何も選べないまま世の中にあふれるアラサー記事やアラサー漫画を読んで、またもや震えに震えまくるのである。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!