毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.12.02

ど忘れ、うっかりミスは脳老化の最初のサイン

奥村 歩

ど忘れ、うっかりミスは脳老化の最初のサイン

「あれ? いま何をしにここに来たんだっけ?」
「あの同僚の名前……顔は思い浮かぶのに名前が出てこない」
「最近、デパートの駐車場でどこに車を停めたかすぐ忘れてしまう」

……よくありがちなこういった「もの忘れ」。働き盛りの30代、40代の人にも心当たりがある方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
じつはこの「もの忘れ」は、放置しているとうつ病や認知症へとつながっていく、危険を知らせる大事なサインなのです。
これまで10万人以上の脳を診断し、「もの忘れ外来」を開院されている奥村歩先生の新刊『脳の老化を99%遅らせる方法』では、この「もの忘れ」の意外なカラクリと、すぐに実践できる対処法がわかりやすく解説されています。
本連載では、そのエッセンスを「試し読み」の形でお届けします。

 

 

 

みなさんは、自分の脳のパフォーマンスが若い頃に比べて落ちてきたと感じることはないでしょうか。

脳のパフォーマンス低下の兆候は、たいていの場合、最初は"もの忘れ"に現われます。たとえば、日々の生活の中で次のような心当たりはありませんか?

 

「2階に何かを取りに来たのだけど、いざ2階に着いたら何を取りに来たかを忘れてしまっていた」

「よく知っているはずの人の名前が出てこない……その人の顔や特徴は頭に浮かんでいるのに」

「人と話しているときに固有名詞がすぐ出てこない……『アレ』『ソレ』などの言葉を使うことが増えた」

「いま、何か言おうとしたのに、その内容が思い出せない」

「このところ毎日忙しく駆け回っているせいか、3日前に何の仕事をしていたのかが思い出せない」

「ずっと忙しくて、会議の予定や人と会う約束をすっかり忘れていた」

 

きっと、50代・60代の方だけでなく、30代・40代の方も、こうしたもの忘れの経験があることでしょう。中には「自分なんて、こんなことはしょっちゅうだ」と苦笑いを浮かべている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、じつはそう能天気に笑っていられることではないのです。

はっきり申し上げましょう。

こういったもの忘れが頻繁にある状態をいつまでも放っておくと、いずれ脳のパフォーマンスがガクンと落ちてしまいます。またそれだけではなく、脳の老化が早まって、うつ病や認知症などのリスクも高くなってしまいます。

みなさんの中には「まだ年齢も若いし、脳の老化なんて、ずっと先のことだよ」と思っている方もいらっしゃることでしょう。でも、そういう人も"自分には関係ないこと"と済ませていてはいけません。

むしろ、日々忙しく駆け回っている働き盛り世代の人こそ、脳の働きを衰えさせないように気をつけなくてはならないのです。

とりわけ、普段から仕事に追われてかなりの疲れをため込んでいて、なおかつ、冒頭に挙げたようなもの忘れが頻繁にある人は、すでに黄信号がともっていると思ったほうがいいでしょう。

たとえ、30代・40代でも油断はできません。もし、「この頃、もの忘れが増えた」「以前より脳のパフォーマンスが落ちた」と感じているならば、「自分の脳は、もう老化し始めているんだな」と考えて、しかるべき対策を講じるべきなのです。

 

私は、「もの忘れ外来」を開設している医者です。岐阜県で「おくむらメモリークリニック」を開業し、認知症の予防や治療を中心とした診療活動を行なっています。地方にあるにもかかわらず、当クリニックには全国各地からたいへん多くの患者さんがいらっしゃっていて、私がこれまで診た患者さんの数は、すでに10万人を超えています。

当クリニックにいらっしゃる患者さんの多くは「認知症の可能性があるのではと不安に思っている方」や「もの忘れが心配になってきた方」です。当然、大多数は70代・80代のお年寄りでした。

ところが近年、40代・50代の"働き盛り世代"の患者さんが目立って増えてきているのです。中には30代の方もいらっしゃいます。

こうした患者さんのほとんどは、冒頭に挙げたようなもの忘れが頻発することに不安を感じて来院されます。もっとも、通常、30代~50代では、アルツハイマーなどの認知症を発症することは滅多にありません。診察後、患者さん方に「認知症ではありません」と告げると、みなさん一様にホッとした表情になって胸をなでおろされます。

ただし、認知症と診断されなかったからといって、決してよろこべる状態でもないのです。なぜかと言えば、働き盛り世代でもの忘れの多さを訴える患者さんには、日々の仕事に疲れ切っている人がたいへん多いから。来る日も来る日も仕事に追われ、時間や情報に追いつめられて、あまりの忙しさから脳のパフォーマンスをすっかり低下させてしまっているのです。

こうした状態は、脳の『デフォルトモード・ネットワーク』という機能が低下していることを表わしています。じつは、働き盛りの年代でこの機能を低下させてしまうと、てきめんに脳の老化が加速してしまうのです。

デフォルトモード・ネットワークの機能低下が及ぼす影響は、たいへん多岐にわたります。たとえば、仕事中の集中力が低下したり、つまらないミスや失敗が多くなったり、スランプや不調に陥りやすくなったりします。さらには、うつ病になりやすくなったり、将来的に認知症になるリスクが高まったりもするのです。みなさんの中にも心当たりのある方がいらっしゃるかもしれませんね。

そして、いまの働き盛り世代の方々には、このネットワークの働きを悪くしてしまっている人が非常に多いのです。おそらく、私のクリニックを訪ねてこられる方々などはほんの氷山の一角にすぎず、日本全国には数えきれないほどの人たちが同じような問題を抱えているのではないでしょうか。

脳の衰えは、高齢になってからいきなり進むわけではありません。30代・40代の若いうちから着々と進んでいるものです。実際、認知症発症の原因物質とされるアミロイドβも、30代・40代の頃から少しずつ蓄積していることが明らかになっています。何の手も打たずに放っていれば、脳の衰えは時間の経過とともにどんどん深刻になっていってしまうかもしれません。

しかも、大多数の方々には「自分の脳が衰えつつある」という自覚はまったくありません。そういう方々は、知らず知らずのうちにデフォルトモード・ネットワークの機能を落とし、いつの間にか脳の衰えを加速させ、通常の年齢よりかなり早い段階で脳を老化させてしまうものなのです。

しかし、ご心配には及びません。

脳の老化はちゃんと防ぐことができます。早い段階で脳の使い方のコツをつかみ、脳にいい習慣をつけていけば、デフォルトモード・ネットワークの機能を落とすこともありませんし、脳の老化を早めてしまうこともありません。そして、脳の本来の力が引き出されるようになり、仕事、生活、自己実現などのさまざまな面で自分らしい力を発揮できるようになります。さらには、脳がイキイキと働く状態をキープして、"歳をとってもパフォーマンスが落ちない脳"をつくることができるでしょう。

この本ではこれから、こうした"脳の老化を防ぐための方法"をご紹介していきます。脳が老いるか老いないかは、働き盛りの時期の脳の使い方にかかっています。

いったいどんな使い方をして、どんな習慣をつけていけばいいのかをくわしく見ていくことにしましょう。

私は、本書のノウハウを実践していけば、着実に脳の老化を遅らせることができると確信しています。とりわけ、毎日仕事が忙しくて、脳に疲れがたまっているような方々には100%に近い確率で効果を発揮するはずです。

だから、「この頃、もの忘れが増えてきたなあ……」「脳の働きが悪くなった気がするなあ……」なんて苦笑いを浮かべている場合ではありません。こうした"脳の老化サイン"に少しでも心当たりがあるなら、早急に脳の老化防止対策をスタートさせるべきなのです。

きっと、その対策をした人としなかった人とでは、脳の健康度や老化度にゆくゆく大きな差がつくことでしょう。また、未来の人生の充実度にもゆくゆく大きな差がつくのではないでしょうか。

ですからみなさん、自分の未来のためにも、本書のノウハウを実践して、"歳をとってもパフォーマンスが落ちない脳"をつくっていってください。そして、これから先の人生を存分に輝かせていきましょう。

 

 次回は「脳のつながり」について。12月5日更新です。お楽しみに。

★がついた記事は無料会員限定

 脳の老化を99%遅らせる方法
疲れを脳にため込まない37の新習慣  


認知症は30代から始まっている!
忙しい人、よく考える人ほど、
脳回路は衰える。

30代・40代にもよくある
「人の名前が出てこない」
「今日の予定はなんだっけ」は、
脳の老化の最初のサイン

10万人以上の脳を診断した
スーパー脳神経外科医が教える、
頭の健康を保つカギ。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!