町の本屋さん「Title」店主の新連載。店主おすすめの書籍もご紹介。月2回更新です。(photo:齋藤陽道)

 はじめまして。Titleという本屋を営んでおります辻山良雄と申します。Titleは東京の西にある荻窪駅から10分少々歩いたところに店があり、今年の一月に開店しました。まもなくできて一年になります。青梅街道沿いのイチョウ並木の横にある、古い一軒家を改装した店で、1階が本屋とカフェ、2階をギャラリーにしております。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載の記事
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

◯ 2018年11月13日(火)〜 2018年12月3日(月) Title2階ギャラリー

「マムアンちゃん」ファン感謝祭
ウィスット ポンニミット『マムアンちゃん』刊行記念

2007年から雑誌『ビッグイシュー日本版』で連載中の4コマ漫画「マムアンちゃん」が初めて単行本に。クラウドファンディングで刊行が実現したその過程や、支援者への数々のリターン品(非売品グッズ)を紹介するとともに、本書のための描き下ろしを含む原画作品を展示。


◯2018年11月19日(月)19時30分スタート Title1階イベントスペース

宮澤賢治 愛のうた ~ 百年の謎解きライブ
『新版 宮澤賢治 愛のうた』(夕書房)刊行記念

禁欲的に生きたと信じられている宮澤賢治。でも実際は相思相愛の恋をしていた――。ウッドベースの即興演奏で会場を音楽で満たしつつ、賢治の恋のキーワードを、作品の朗読と解説でたどる。


【東京ではじめて、本の世界に触れた街・江戸川橋】 辻山良雄
haletto 2018.5.22掲載 リレーコラム 

 


『365日のほん』辻山良雄(河出書房新社)

春、夏、秋、冬……過ぎゆく毎日に1冊の本を。Titleの店主が紹介する、スタンダードな本365冊。どこでも、どこからでも楽しめる、完全書きおろし。

 

 


『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<5刷!ロングセラー>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう? 物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。