毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.12.01

第1回

荻窪にある本屋「Title」です

辻山 良雄

荻窪にある本屋「Title」です

町の本屋さん「Title」店主の新連載。店主おすすめの書籍もご紹介。月2回更新です。(photo:齋藤陽道)

 はじめまして。Titleという本屋を営んでおります辻山良雄と申します。Titleは東京の西にある荻窪駅から10分少々歩いたところに店があり、今年の一月に開店しました。まもなくできて一年になります。青梅街道沿いのイチョウ並木の横にある、古い一軒家を改装した店で、1階が本屋とカフェ、2階をギャラリーにしております。

 個人で新刊書店を開いた例というのはここ10年の間でもほとんどないと、後から多くの人に聞きました。私がこの仕事をするようになった20年ほど前から、「本が売れない時代になった」とずっと言われておりました。しかし、個人で本を売りながら自分とその家族を養い、しかも楽しく生きていくことができないかと思い、勤めていた書店の閉店を機会に自分の本屋を開くことにしました。

 いざ、町の中に自分の店を出して、そこに一日中いるようになると、本を売ることの意味が以前よりもはっきりと実感できるようになりました。来店されるお客さまは、POPやサインもない簡素な店の中、ずっと本棚を眺めたあとで、大事そうに本を数冊抱えてレジに来られます。小さな空間の中では、一冊の本の存在感がより増してくるようであり、その人にとってかけがえのないものになるかもしれない一冊を手渡しているという、本を売る仕事の醍醐味を毎日感じています。

 何せ朝から晩までずっと店にいるので、どんなお客さまがどんな本を買っていったのか、店の中で起こった様々なことや一冊の本にまつわる話などを、ずっとレジの中から見てきました。この連載では、そうした本屋の中で生まれた話や、本屋という場所について考えたことを、思いつくままに綴っていきます。

 一冊の本の中には、それぞれ広い世界が広がっているように、一軒の本屋という場所にも、底知れぬ不思議さがあるように思います。

 

今回のおすすめ本

フジモトマサル『二週間の休暇』(講談社)

 一年前、急逝したフジモトマサルさんが遺した長編漫画。壁をひとつ隔てた先には、こんな不思議な世界が広がっているのではないか。そう思わせる、ひやりとしてあたたかな世界。この本の中に「ニライ書房」という小さな本屋がちょっとだけ出てきますが、こんな感じの本屋になりたいと思っています。

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

2016年12月9日(金)
青木淳悟と柴崎友香と福永信が語る、「小説」と「家」のこと
福永信・編『小説の家』(新潮社)刊行記念トークイベント開催

詳細はこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!