毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.21

満員御礼!!

万城目学さんと「小説幻冬」編集長によるトークイベントが開催されました!

幻冬舎 編集部

万城目学さんと「小説幻冬」編集長によるトークイベントが開催されました!

ご好評をいただきまして売れ行き好調、発売即重版となりました「小説幻冬」。
その創刊を記念し、11月14日、下北沢の本屋B&Bさんにて、

万城目学さんと、本誌編集長の有馬大樹によるトークショーが開催されました!

熱気にあふれたトークショーの模様を、写真とともにダイジェストでお届けします。

 あいにく小雨が降る中での開催となりましたが……
満 員 御 礼 !!
 おかげさまで、編集部メンバーは嬉しい立ち見(聞き)となりました(笑)

 作家・万城目学さんと「小説幻冬」編集長・有馬大樹は、『鹿男あをによし』(幻冬舎文庫)の小説執筆以来、約10年の付き合いとなります。

 お二人の最初の出会い、そして普段の原稿のやり取りから、万城目さんの創作秘話などなど、話は尽きず。とても濃密な2時間となりました。
 
 
 長編連載の取材のため、熊本にて「化石発掘ツアー」に参加されたお二人。

「周りは家族、子供連れしかいない中で、男二人。なんか間違われるんちゃうかな、と……」

 万城目さんのお言葉に、会場爆笑。そしてまた、万城目さんの恐竜への含蓄の深さ、中東へのディープな取材旅行などをお聞きし、次回作への期待が高まります。

 トークイベント後は、万城目さんのサイン会が行われました。

 既刊本の他、「小説幻冬」掲載の、万城目さんの小説「四泊七日【前】」のページへ、お一人お一人のお名前を添えて、丁寧にサインをされた万城目さん。

 会場でもたくさんの方々に「小説幻冬」をご購入いただきました。

 大盛況のうちにトークイベントは終了いたしました。

 

ご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました!!


◆出演者プロフィール
万城目学(まきめ・まなぶ)
 1976年大阪府生まれ。2006年『鴨川ホルモー』で小説家デビュー。『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『偉大なる、しゅららぼん』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』『バベル九朔』など著書多数。

有馬大樹(ありま・ひろき)
 1978年東京都生まれ。大学在学中に幻冬舎でアルバイトを始め、編集者に。担当した主な小説に『鹿男あをによし』(万城目学)、『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)、『土漠の花』(月村了衛)など。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

『鹿男あをによし』

→書籍のご購入はこちらから(Amazon)

(内容紹介)大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だ―出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは?古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー。

 

「小説幻冬」

→書籍のご購入はこちらから

(内容紹介)設立以来、出版界と文芸の世界に新しい風を送り続けている幻冬舎が、この2016年10月27日に新しく創刊する読み物を中心とした月刊文芸誌。

 

関連雑誌

→小説幻冬の購入はこちら(Amazon)
→小説幻冬の購入はこちら(Fujisan)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!