毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.16

編集長が
「小説幻冬」創刊号に思うこと

編集長が<br />「小説幻冬」創刊号に思うこと

創刊の準備期間は約1年。
日々を振り返ろうと思うのですが、うまく像を結びません。
喜怒哀楽を表に出さないほうが格好いいかなと勘違いして
淡々と準備を進めたつもりですが、心は常に乱れていました。
強気な言葉で自分を鼓舞すれども、不安に苛まれることの
ほうが圧倒的に多かった。
ですが、あらかたの作業を終えて思い出したのは、掲載作品
の原稿をいただいた時の喜びでした。
拝読した時の「面白い!」という興奮でした。
膨大な作業量で疲れきった編集部さえ笑顔にさせる言葉の力、物語の力。
これこそが小説の力です。これこそが活字の力なんです。
この思いを届けるべく、「小説幻冬」を作り続けます。
                                                  編集長 有馬大樹
                                          (2016.11「小説幻冬」編集後記より) 

★がついた記事は無料会員限定

関連雑誌

→小説幻冬の購入はこちら(Amazon)
→小説幻冬の購入はこちら(Fujisan)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!