誰もが納得できる説明は ”接続詞=「矢印」” でつながっている

プレゼンテーションがうまくいくために絶対におさえて欲しいポイント。
今回のキーワードは「矢印」です。

数学は計算も重要ですが、それより重要なのは論理的であることです。
方程式を解く行為も、図形の面積を求める行為も、証明問題を攻略する行為も、すべて論理がないと成立しません。なんだか堅苦しい表現での説明になってしまいましたので具体例をひとつ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)