毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.13

キンコン西野さん『えんとつ町のプぺル展』で、
アート作品が1000万円で売れちゃった!

にしのあきひろ(西野亮廣)

キンコン西野さん『えんとつ町のプぺル展』で、<br />アート作品が1000万円で売れちゃった!

キングコングの西野亮廣さんが、絵・文・監督をつとめ、総勢35人のクリエイターと4年半かけて一冊の絵本を作る、しかもその制作費はクラウドファンディングで集める…という壮大な計画で生まれた絵本『えんとつ町のプペル』
発売からたちまち話題になっており、発売2週間で早くも7万部突破という勢いですが、
「まだまだ! もっと多くの人に届けなければ!」と、メンバーの結束力は強い。

この絵本の原画展が、11月3日よりセゾンアートギャラリーで開催されているのですが、この原画展も一風変わってます。
会場には、絵本に掲載された全41点の絵が飾られているのですが、すべての絵が、暗闇で光っている!
この絵を一目見るためと、お客さんは絶えず、毎日大賑わいです。

さて、この個展で展示しているのは、約60センチ四方のLEDライト作品41枚。
これと同じものを限定1セット1000万円で販売していたのですが、この全41枚のセットが、なんと早くも売れました!
なお、西野さんによると、売上は全額次回作の制作費に回すとのことです。男気!
光る原画展は、まだまだ今月いっぱい開催中ですので、ぜひみなさん、足を運んでください。

[会場]SEZON ART GALLERY 1F / 東京都渋谷区神宮前3-6-7
[会期] 2016年11月3日(木)〜2016年11月30日(水)   
11:00〜18:00(17:30最終入館) ※混雑時は10:45から整理券を配布させて頂く場合がございます。
[入場料] 無料  
[展示作品] 「えんとつ町のプぺル」全ページのイラスト41作品をLEDライトで光らせた状態で展示
 

話題の絵本は、全国の書店で発売中です。

『えんとつ町のプペル』

にしのあきひろ

幻冬舎刊

amazonはこちら

楽天ブックスはこちら

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!