今回の回答は、岸見一郎さんです。
 
◎相談 vol.78(ナンチー・会社員・33歳・女性・静岡県)

 ある日突然友人が離れていきました。  
 同じ会社で毎日お昼を共にしていた友人の一人が、ある時を境に自分達と一緒に食べなくなり、時同じくして態度も冷淡なものになりました。そのことを自分で受け入れることができず、自分の何が悪かったのかずっと考え続けています。

 元気で率直な正義感が強い彼女が大好きで、これまでお昼は自由闊達な意見交換ができる気の置けない関係で、人の陰口などもなく楽しい時間を過ごしていると思っていただけに、突然の豹変にこちらも困惑を隠せず、初めは、生まれ育った文化の違いなのかと考えたこともあります(彼女とは生まれ育った国が違うため)。  

 けれど、これほどまでに豹変するのにはこちらに非があるとしか思えず、何が彼女をそれほどまでに気分を悪くさせてしまったのか、これまでの自分の言動を振り返る毎日です。その中で自分の態度に反省すべきことが見つかり、LINEで「嫌な思いをさせていたらごめん」とも伝えましたが、「気がつかなかったし、謝ることはない」という返信とは別に、現在もにべもない態度は続いています。  

 一緒に食べていた別の子も、この急激な変化の理由は分からないようです。
但し、私から見てその子には非があるとは思えず、考えられるとしたら自分だろうと思っています。自分を本当に嫌っているかどうかについては、勇気が出ず聞けていません。

 相手の感情は自分にはどうすることも出来ないことなのだからと自分に言い聞かせ、大事なのは自分が相手を好きであることで、相手が嫌っても、せめて自分が好きであることや感謝の気持ちは言葉や態度にしていこうと、自分から話しかける努力をしていますが、硬化した態度が和らぐことはなく、また毎日同じフロアという狭い空間でずっと顔を合わせているだけに、他の人には以前私達に向けられていたような笑顔を見せている姿を目の当たりにすると、とてつもなく寂しく、傷ついたような気持ちになることもあります。  
 どうしたらこの気持ちから解放されて、受け入れることができるようになるのでしょうか。

◎お答えします。(今回の回答者 岸見一郎)

 親しくしていた人が突然離れていく時、自分に非があったのではないかと理由をあれこれ考えてしまいますが、

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載がついに電子書籍化!

藤田晋『藤田晋のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


三砂ちづる『三砂ちづるのかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


藤原美智子『藤原美智子のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


橋本治『橋本治のかけこみ人生相談』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)


幻冬舎で「人生相談」お悩み募集!

「かけこみ人生相談」では、皆さまが今直面しているお悩みを募集しております。仕事、家族、お金、健康など、ジャンルは特に問いません。

ご応募いただいたお悩みは、編集部で選考の上、採用いたします。お悩みには、橋本治さん(1948年生まれ。小説・評論・戯曲など、縦横無尽に創作活動を展開)、三砂ちづるさん(1958年生まれ。津田塾大学教授。世界のお産・子育ての研究をとおして女性の生き方を提案)、藤原美智子さん(ヘア・メイクアップアーティスト。美容の技術から生き方まで幅広く支持される)、藤田晋さん(1973年生まれ。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。起業家のトップランナー)、岸見一郎さん(1956年生まれ。哲学者。アドラー心理学の第一人者)の5名の人生の達人にご回答いただきます。

→応募はこちら