毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.14

「盛りたいだけ」はもう古い?自撮り文化がもたらす新しいコミュニケーション

自撮り女子・りょかち

「盛りたいだけ」はもう古い?自撮り文化がもたらす新しいコミュニケーション

「自撮り」「セルフィー」が若者文化として注目されて久しい。ガッキーこと新垣結衣ちゃんがセルフィー風の写真でNYLONの表紙に登場したのは2014年12月号。実はすでに2年前なのだ。

しかし2年の月日が経った今もなお、自撮り文化は進化し続けている。サイバーエージェントの藤田晋さんが、「2016年は動画元年」と語ったけれど、「観る」動画はもちろん、「SNOW」や「Snapchat」など、「撮る」文化においても2016年は「動画元年」だったのではないかと思う。

いまや、SNSのタイムラインを見れば、可愛い女の子たちが犬やら猫やらに変身して手を振りながら微笑んでくれる動画で溢れている。自撮り文化はこの2年間、少しずつ進化しながら、"新しい文化"であり続けているのだ。

「自撮り=盛り文化」?

2016年現在の日本で、自撮り・動画撮影アプリでメインストリームと言えるのは、「SNOW」「Snapchat」あるいは「BeautyPlus」「Camera360」あたりだろうか。共通した機能は顔の上に動物などのエフェクトをかけられる「フィルター」や、目を大きくしたり、肌をきれいに見せたりできる「加工」など。つまりは自分をより可愛く見せる「盛る」ための機能である。

かくいう私も、「盛る」自撮りをテーマに取り上げられることが多い。取材や、リアル世界で会った人に必ず聞かれるのは、「どうやったら盛れる写真が撮れますか?」「今一番盛れるアプリは?」といったことだ。

自撮りといえば、「盛り」。いつだって自撮りが取り上げられるときには、別人のように撮影できるテクニックや、その魅力に取り憑かれたように自撮りをする女の子たちが注目されがちである。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!