毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.11

「長谷川アナの透析患者バッシングに見る、医療の現実」第3回

自業自得の患者が得をする日本の医療費体制?
医療を「平等」に受けられるようにすることは、実は非常に難しい

岩波 明

自業自得の患者が得をする日本の医療費体制?<br />医療を「平等」に受けられるようにすることは、実は非常に難しい

日本では医療を平等に受けられるようにしているからこそ、「自業自得で病気になった患者の医療費を税金で負担しなくちゃいけないんだ」といった不平不満も生じるのでしょう。
目を海外に向けて見ましょう。各国、それぞれ違った取り組みをしています。日本がこれから選ぶべき道とはーー?

*   *   *

 つまり現場においては、医療費抑制の試みは、さまざまなレベルで行われているわけであり、それにもかかわらずなかなか成功しないのは、この課題が複雑な要素を多数持っているからなのである。
 この点について、長谷川氏は、知識不足、取材不足であるように思える。たとえば内科医10人の意見を聞いたとしても、それだけでは、まったく不十分なのである。
 ところで実際のところ、長谷川氏の主張のように、臨床の現場において、「治療すべき」患者と「見放す」患者を分けることは可能であろうか。これは疾患にもよるが、医療の現場で患者を二分することはほぼ不可能だ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!