毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.09

「長谷川アナの透析患者バッシングに見る、医療の現実」第1回

「自堕落な生活、暴飲暴食、医師の注意を無視。結果、人工透析患者になった人に税金を使うな」という長谷川アナの主張

岩波 明

「自堕落な生活、暴飲暴食、医師の注意を無視。結果、人工透析患者になった人に税金を使うな」という長谷川アナの主張

長谷川アナによる「透析患者バッシング」は、大きく炎上しました。
バッシングするのは簡単ですが、彼の意図はなんだったのか?
『他人を非難してばかりいる人たち ーーバッシング・いじめ・ネット私刑』の著者である精神科医の岩波明さんと、一度冷静に長谷川アナの意図について、考えてみるところから始めてみましょう。

     *   *   *

 「不寛容」という現象の中で、もっとも深刻で根深いものは、病気の人や障害者に対する差別やバッシングである。平成28年6月に、多数の障害者が犠牲となった「津久井やまゆり園」の殺傷事件においては、知的障害者に対する究極的な否定の気持ちが加害者の男性にあったことが、事件の根底に存在していた。
 今回は、フリーアナウンサーである長谷川豊氏のブログ炎上事件について考えてみたい。長谷川氏本人は強く否定するかもしれないが、やまゆり園の加害者にみられた「障害者に対する否定や拒否」と、どこか同じような印象を受けてしまう。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!