長谷川アナによる「透析患者バッシング」は、大きく炎上しました。
バッシングするのは簡単ですが、彼の意図はなんだったのか?
『他人を非難してばかりいる人たち ーーバッシング・いじめ・ネット私刑』の著者である精神科医の岩波明さんと、一度冷静に長谷川アナの意図について、考えてみるところから始めてみましょう。

     *   *   *

 「不寛容」という現象の中で、もっとも深刻で根深いものは、病気の人や障害者に対する差別やバッシングである。平成28年6月に、多数の障害者が犠牲となった「津久井やまゆり園」の殺傷事件においては、知的障害者に対する究極的な否定の気持ちが加害者の男性にあったことが、事件の根底に存在していた。
 今回は、フリーアナウンサーである長谷川豊氏のブログ炎上事件について考えてみたい。長谷川氏本人は強く否定するかもしれないが、やまゆり園の加害者にみられた「障害者に対する否定や拒否」と、どこか同じような印象を受けてしまう。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)