毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.09

「長谷川アナの透析患者バッシングに見る、医療の現実」第1回

「自堕落な生活、暴飲暴食、医師の注意を無視。結果、人工透析患者になった人に税金を使うな」という長谷川アナの主張

岩波 明

「自堕落な生活、暴飲暴食、医師の注意を無視。結果、人工透析患者になった人に税金を使うな」という長谷川アナの主張

長谷川アナによる「透析患者バッシング」は、大きく炎上しました。
バッシングするのは簡単ですが、彼の意図はなんだったのか?
『他人を非難してばかりいる人たち ーーバッシング・いじめ・ネット私刑』の著者である精神科医の岩波明さんと、一度冷静に長谷川アナの意図について、考えてみるところから始めてみましょう。

     *   *   *

 「不寛容」という現象の中で、もっとも深刻で根深いものは、病気の人や障害者に対する差別やバッシングである。平成28年6月に、多数の障害者が犠牲となった「津久井やまゆり園」の殺傷事件においては、知的障害者に対する究極的な否定の気持ちが加害者の男性にあったことが、事件の根底に存在していた。
 今回は、フリーアナウンサーである長谷川豊氏のブログ炎上事件について考えてみたい。長谷川氏本人は強く否定するかもしれないが、やまゆり園の加害者にみられた「障害者に対する否定や拒否」と、どこか同じような印象を受けてしまう。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!