毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.11.20

第2回

『ゼロ』行脚を支える食事

加藤 貞顕 (cakes代表)

『ゼロ』行脚を支える食事

cakesのミリオンセラープロジェクトである堀江貴文さんの『ゼロ』刊行記念パーティに始まり、堀江さんの刑期満了記念パーティで終わる1週間。エネルギッシュな日々を支えるのはどんな食事なのでしょう――。

 

11/1(金) 『ゼロ』刊行記念パーティ

編集チームの一員として手がけた堀江貴文さんの新刊『ゼロ――なにもない自分に小さなイチを足していく』が都内の書店に並びはじめた日。朝一番で、紀伊國屋新宿本店に、著者の堀江さん、編集スタッフ、発売元のダイヤモンド社のメンバーが集合しました。サイン会は大盛況でした。

終了後、通りすがりのひろゆきさん、堀江さんのメルマガ編集者の杉原さんと記念写真。堀江さんは、このあと都内書店を8店回ります。
 
夜、『ゼロ』の刊行記念パーティ。銀座某所に大勢のひとたちが集まって、出版を祝いました。
 

終了後、会場前で編集チームが勢ぞろいして記念写真。めちゃくちゃ売れますように!
 

11/2(土) 料理の勉強会(ツナとタプナードのディップ、サバのシチリア風パスタ、豚のビール煮タプナード添え)

とある投資家の方が主催する料理の勉強会に出席。この方、投資の世界で有名人なのですが、趣味の料理が高じて、すごくおいしい料理がだれでも簡単につくれる方法を編み出しました。

 

 

安くてどこでも買える材料でつくられているのに、すごく、すごく、おいしかったです。科学的に合理的に簡単に、料理をつくる方法。cakesでコンテンツ化する予定なので、お楽しみに。
 

11/4(月) 『ゼロ』サイン会行脚 夜/渋谷のビストロ

祝日ですが、今日も一日『ゼロ』の営業です。朝一に八王子のくまざわ書店で集合して、中央線沿線の書店を5店回り、堀江さんとサイン会行脚をしました。

写真は立川のオリオン書房ノルテ店での様子。大盛況です。


サイン会終了後、渋谷のオフィスに戻って、作家・エッセイストの岡田育さん、AV監督で性愛評論家の二村ヒトシさん、社会学者でやおい研究家の金田淳子さんらと打ち合わせ。会社の会議室が性的な言葉と概念でうめつくされました。

 

 


打ち合わせ終了後、渋谷並木橋のビストロ「ミニヨン」で宴会。最後に出てきた一口カレーがよかったです。たしか向田邦子さんが、飲みの最後を一口カレーで締めたいと書いてましたよね。
 

11/5(火) 『ゼロ』大増刷 昼/「リンガーハット」のちゃんぽんと餃子 夜/「サイゼリヤ」のパスタ、ピザ 夜食/おでん&日本酒

金曜に発売された『ゼロ』の週末の売れ行きがすばらしく、大増刷が決定。初版も7万5000部というありえない数字なんだけど、増刷はそれに加えて10万部! 発行元のダイヤモンド社の営業部は気合が入ってます。


朝一のうれしいお知らせを祝して、お昼は渋谷の桜ヶ丘「リンガーハット」でちゃんぽん&餃子を。『ゼロ』のなかに、堀江さんの少年時代のごちそうとして出てきます。

夜は、ライターの古賀史健さんと会社近くの「サイゼリヤ」で打ち合わせ。明日は、楽しみにしていた糸井重里さんにインタビューをする日。2人とも大ファンなので気合をいれて準備してます。

渋谷の新南口近くにあるサイゼリヤは、広くてすいてるので打ち合わせに便利です。

帰宅して、おでんを食べて就寝。日本酒も1杯だけで、明日にそなえて早寝をしました。
 

11/6(水) 「ほぼ日」にて糸井重里さん取材

お昼すぎに古賀さんと表参道駅のエキナカのカフェに集合して、糸井さんインタビューの準備。2時過ぎに、ほぼ日に向かいました。

2時間ほど、糸井さんにお話をうかがいました。ほぼ日の歩みについて、ものすごく真摯に教えていただいて……終わってほぼ日を出たぼくと古賀さんの2人は、呆然としておりました。この日、よほどテンパッていたのか、ごはんの写真がありません(スミマセン)。

インタビューの内容を一言で言うと「クリエイティブで食っていく」です。この模様は、後日 cakesに掲載されます。お楽しみに!
 

11/7(木) 昼/「カレーショップC&C」のカレー

来週、ベトナムとシンガポールに出張するんですが、パスポートが切れていることにいまさら気づきました。あわてて、朝一の西新宿のパスポートセンターで申請を。なんとか出張の前日にできるそうです。


新宿に来たら西口の「カレーショップC&C」に寄らざるをえません。ほうれんそうとベーコンをトッピング。

夜は会社に新しく加入したメンバー(デザイナー1名、バイト1名)の歓迎会を会社近くの居酒屋で。飲み過ぎたので写真はありません。
 

11/8(金) 昼/「渋三吉成」の定食

アスキーに勤務していたころに編集を担当した『英語耳』の著者、松澤喜好さんが会社を訪ねてくださいました。

まずは魚料理の「渋三吉成」で昼食を。ここのランチは、好きな刺し身やおかずを組み合わせてメニューを選べます。これで1100円は安い!

その後、松澤さんといっしょに習慣を科学するための方法を、habitechの石川善樹さんと相談。教育はITと組み合わせるとイノベーションがいくらでもできそうな分野ですよね。
 

11/9(土) 『ゼロ』刊行記念講演会 夜/堀江さん刑期満了パーティ 深夜/「かおたんラーメン

堀江さんの『ゼロ』刊行記念講演会を、東京駅近くの会場で開催しました。司会をすることになり、堀江さんと2人で舞台に。

上は壇上から撮影した写真。200人近くの人々が来てくださって大盛況でした。

同日深夜、六本木某所にて堀江さんの刑期満了記念パーティ。編集チームの柿内さん、古賀さんといっしょに出席。日にちが変わる瞬間に、カウントダウンをしてお祝い。堀江さんのステータスが、「仮釈放中のひと」から「普通のひと」に。めでたいことです。

午前1時過ぎに会場を出て、柿内さん、古賀さんと、西麻布の「かおたんラーメン」で「締めラー」を。


 

東京でいちばん好きな醤油系のラーメンです。おいしかった!
いやはや、濃い一週間でした。来週も楽しいことをいっぱいしたいと思います。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!