数学は前提がないと始められない

ここまで3回にわたりプレゼンテーションの基本を確認してきました。
今回から3回はさらに実践的な内容にシフトし、あなたのプレゼンテーションがうまくいくために絶対におさえて欲しいポイントを解説します。

今回はまずその1つ目。もちろん数学的な視点からお伝えすることになります。
たとえば(唐突ではありますが)次のような数学の問題があったとします。

 
<問題>
方程式 2X+Y=6 を解きなさい

 

もし私がこの問題を解けと言われたら、すぐ出題者にこう尋ねます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)