毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.01

第19回

あとがき~お店作りは続くよいつまでも~

中村 文

あとがき~お店作りは続くよいつまでも~

ようやくお店をオープンすることができ、晴れて「At GALLERY N' CAFE」のオーナーとなったAです、こんにちは。

オープンから2ヶ月経ってみて感じたのは、お店をやるって毎日お店のことをより良くしていく作業が続くのだな、ということです。お客さまに、ステキな作品を観て美味しいコーヒーを飲んで、なんだか良い時間を過ごせたなと思っていただけるようなお店作り。そのために日々ちょっとずつ何かしら改良していく作業には、きっと終わりはないのです。tサンとも相談して(おなじみのケンカも時にはあると思いますが)、お客さまに“また来たい”と思ってもらえるお店にしていきたいです。

まだ大磯に引っ越して間もない頃、「お店ができるまでの事を書いてみませんか」と幻冬舎plusさんにお声がけいただいたときは、正直「そんなに書く事なんてあるかな」と思っていました。ところが、結局オープンできた9月まで、書きたいことはどんどん出てきました。もっとも、なぜだかドタバタ珍道中のようなエピソードばかりになってしまいましたけれど。

これからカフェなどお店を開こうと考えている方の参考になれば嬉しいね、と始めたはずの連載でしたが、思い描いていたスマートなお店作りには程遠く、参考というよりは反面教師になっているかもしれません。でも、お店作りの楽しさが伝わっていたら、それが一番嬉しいです。お読みいただき、ありがとうございました。

※この連載を読んでご来店くださった方は、ぜひ「幻冬舎plusの連載読みました」とお伝えください。オープン記念にお配りしていたオリジナルステッカーをプレゼントいたします。

★オープンしてからのお店の様子をフォトギャラリーでどうぞ。

 

★がついた記事は無料会員限定

★☆★読者のみなさまへプレゼント★☆★

この連載を読んでご来店くださった方は、ぜひ「幻冬舎plusの連載読みました」とお伝えください。オープン記念にお配りしていたオリジナルステッカーをプレゼントいたします。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!