毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.02

失楽園にかかったマディソン郡の橋に咲く紅の昼顔を見ながら坂口安吾を読む

鈴木 涼美

失楽園にかかったマディソン郡の橋に咲く紅の昼顔を見ながら坂口安吾を読む

 答えが出ないが故に考えるのは無駄だが、だからこそ時間つぶしの議論に向いている二択というのはいくつもあって、代表的なのは「A うんこ味のカレー」か「B カレー味のうんこ」かとかそういうことだが、私のようなせせこましい人間は、飲み屋で一瞬盛り上がったそういう話題を家に帰っても掘り起こして次の日まで何度も考えなおしている。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(amazon)


鈴木涼美『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』
書籍はこちら(amazon)


音声コンテンツ

鈴木涼美さん×二村ヒトシさん×開沼博さんトークイベント「鈴木涼美とは何者か?」
音声コンテンツ配信中!
 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

将棋おやじ2016.11.2

失楽園、マディソン郡の橋、紅の昼顔(花言葉は「情事」)はいいとして、坂口安吾と言えば「吹雪物語」や「ジロリの女」(個人的には、短編「風と光と二十の私と」が好きだが)、純愛とか片想いとかのイメージ強いけど… アッ、前の3つと対比してるわけか? さて、「ホステスやお金目当ての愛人をかこう」という選択肢は、大学教授の給料では難しいというか普通はムリだから(失礼)、これも母上にとって時間つぶしのたぐいだったのでは? もし、そうでないなら、この問題について(風俗遊びはこの二択とは関係ないので論点を整理して)もっと掘り下げてまた別の機会に書いてほしいな。

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!