毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.30

一晩でフォロワーが2万人になったツイートの内容とは?

はあちゅう/DJあおい

一晩でフォロワーが2万人になったツイートの内容とは?

10月28日に発売された電子書籍『言葉で心をつかむ。私たちが考えていること、続けていること。 』が発売になりました。

著者は、ネット界の人気者、DJあおいさんとはあちゅうさん。

SNSを駆使し、最前線を走るお二人が、フォロワーとの付き合い方、自意識の飼い慣らし方、人を惹きつける言葉の生み出し方など、その秘訣を本音で語ります。

内容はすべてネット未公開の電子書籍オリジナルです。今回は、冒頭を抜粋してお届けします。

(*電子書籍は、Amazon Kindle、楽天Kobo、iBooks Store等の各電子書店でもお求めいただけます)

1つのツイートで100人のフォロワーが2万人に

はあちゅう 今回あおいさんとは初めましてなので、お聞きしたいことがたくさんあるんです。まずあおいさんって、どうして「DJ」なんですか? 「女子高生あおい」でも「長老あおい」でも、意外としっくりきそうな気がするんですけど。

DJあおい あはは(笑)。実は「あおい」って、昔DJをやっていた時の名前なんですよ。

はあちゅう そうだったんですか! そう言われると、「DJで主婦」という組み合わせが、あおいさんのキャラクターに説得力を生み出している気がしてきました。

DJあおい DJ要素はゼロだと思っているんですけどね(笑)。

はあちゅう そうですか? DJという名前が、ブログに一層リズム感を添えている感じがします。ブログの最後の決め台詞の「〜だぜ」とか。あのツイッターアイコンが、私の頭の中でリズミカルに動き出す瞬間があります。

DJあおい それはすごく嬉しいですね。でも私自身、設定は全然意識していないんです。ただせっかくここまでDJ&謎の主婦でやってきたので、謎のままで貫き通そうかなとは思っているんですけどね。

はあちゅう そうなんですね。私があおいさんを知った時って、すでにあおいさんはツイッター界の超有名人だったんですが、どんな経緯でツイッターを始められたんですか?

DJあおい 始めた当初は、実名アカウントでやっていたんです。でも実名だと簡単に知り合いと繋がっちゃって、「これじゃリアルな人間関係と何も変わらないな」って思って。でも、どこかに自分の考えを表現できる場が欲しかったんです。それで始めたのが、DJあおいというアカウントです。

はあちゅう 確かに実名だと、色々疲れることもありますからね。フォロワーはどうやって増えていったんですか?

DJあおい ある時、親しいフォロワーさんが恋愛のことで悩んでいたんです。直接伝えるのも恥ずかしいし、見てくれたらラッキー、程度で書き込んだ応援ツイートが、次の日起きたら1万RTくらいになっていて。前日まで数百人だったフォロワーも、1万人とか2万人になっていたんです。

はあちゅう たった1ツイートで、フォロワーが数百人から2万人まで伸びたんですか? すごい! 記念すべきそのツイートの内容は覚えていますか?

DJあおい 記憶が曖昧なんですよね。確か遠距離恋愛についてのことだったと思うんですけど。「女性は精神的な繋がりを大事にするから、心が繋がっていれば地球の裏側にいても安心なんだよ」みたいなツイートだったと思います。その頃はツイッターを使いこなしていなかったけど、おそらくどこかで炎上していたと思う(笑)。

はあちゅう でも本人に届かなかったっていうことは、私の経験的に炎上はしていないと思います(笑)。最近あおいさんの発信の場は、ブログがメインですよね。

DJあおい ここ2年くらいはブログですね。ムラはあるけど、書く時は1日に4、5記事くらい更新しているかな。フォロワー数も、ツイッターとブログを合わせて、30万フォロワーくらいになりました。

はあちゅう すごい。1記事書くのに、どれくらい時間を掛けていますか?

DJあおい 瞬発力がある時は30分くらいですね。でも熟考していると、果てしなく時間が掛かっちゃいます。でもそういう記事に限って、全く受けなかったりするんですよね(笑)。適当に書いた記事の方が受けたりするから、本当に未だにわからないな、と。

(構成:波多野友子)

***
つづきは、電子書籍『言葉で心をつかむ。私たちが考えていること、続けていること。 』をご覧ください。

 

★がついた記事は無料会員限定

【期間限定】幻冬舎plus+全作品ポイント30倍還元中!

ただいま、こちらの記事で紹介した作品は、幻冬舎ポイントを30%還元中です!この機会に是非お求めください。

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!