毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.31

「ヒト」を消費する時代に動くビジネスとは?

坂口 孝則

「ヒト」を消費する時代に動くビジネスとは?

欲しいモノがなくなっている時代。

そのなかで潤っているビジネスは何か? 
人はどこにお金を落としているのか? 

坂口孝則さんは、この問いを電子書籍『日本人はこれから何にお金を落とすのか?』のなかで読み解きました。今回は、完全書き下ろしの内容の冒頭部分をご紹介します。

(*電子書籍は、Amazon Kindle、楽天Kobo、iBooks Store等の各電子書店でもお求めいただけます)
 

誰かの語る「人生の質を高める工夫」にお金を使う

ある奇妙なうわさが、どこからともなく聞こえてきた。

誰でも確実に大金持ちになる方法があるという。

FXか、それともアフィリエイトか、株式の自動売買システムか。または、いま流行のせどりか。これまで無数のビジネスモデルが喧伝されては、多くの失敗者を生んで、また次の流行が誕生してきた。

「宗教ビジネスなんだ」

新興宗教を立ちあげるというのか?

「いや、フェイスブックとかツイッター、メールマガジンとか見てみろよ」

たしかに、いま私のフェイスブックでは、フォローしたひとたちがオススメする記事や商品が次々に流れてくる。さらに、私がもともと一人のみから購読していた有料メルマガも、いまでは10人を超える。平日、最低でも2通は有料メルマガの最新号がメールボックスに届く。

よく、「モノからコト」に消費が推移している、とひとびとは語る。しかし、それはほんとうだろうか。私には「モノからコト。そして、コトからカタ」あるいは「モノからコト。そして、コトからヒト」に移行しているように思えてならない。「カタ」とは、誰かが語るライフハック=人生のクオリティを高めるための工夫。世界の見「方」だ。そして、なによりそれを語る「ヒト」そのものが消費されている。

なるほど、その意味で、私はもはや10人もの教祖の信者なのかもしれない。クレジットカードの明細をみたとき、無数の無形物に支払っているとわかり驚愕する場合がある。
ライブ・コンサート、トークショー、有料メルマガ、サロン……。また、モノであっても、どこかの有名人が推薦したり、そのひととのつながりを得るために購入したりする機会が多い。「宗教ビジネス」とまではいいすぎかもしれない。ただ、単純に家電とクルマを購入して満足する時代では、たしかにない。

しかし、ときに新たな消費のみが世界を覆うといっている論者がいるものの、それは極論で、私たちは生きるためのパンはいまだに購入している。トイレットペーパーも買う。シャンプーも買う。それは物体の形をとる、たしかなモノ、商品だ。

かつて、すべての商品は記号であると語った論者がいた。センス、アート、個性……。現代では、それらを表す記号を商品に求めるらしい。だから、記号消費と呼ぶ。しかし私が注文したコピー用紙は、たしかに実用を求めてのものだ。昨日、購入したミカンは記号ではなく、しっかりと味のするものだった。

私は製造業の工場で働いていた。製品が記号として消費されているって? 当時の私はとても信じられなかったに違いない。毎日のように品質監査で取引先に出向いていた。不良品を集計しては改善状況を把握した。客先は品質問題で細かなクレームを入れてきた。トラブルであちこちを駆け回った。その記憶からは、記号ではなく、具体的機能のみが重要だった。

そういうことではない。記号消費論者はそういうだろう。ファッションなどの分野で記号消費が進んでいるのです、と。なるほど、もちろん消費が変化した領域があるのは間違いない。それは否定できない。

では、変わったところと、変わらないところはどこなのか。

そして、「宗教ビジネス」という言葉を使いたくなるような、私たちが求める「つながり」の正体はなんだろうか。

***
つづきは、電子書籍『日本人はこれから何にお金を落とすのか? 』をご覧ください。

★がついた記事は無料会員限定

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!