毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.28

日本人はこれから何にお金を落とすのか?

坂口 孝則

日本人はこれから何にお金を落とすのか?

「お金はどこで動いているのか?」を読み解いた書き下ろし

欲しいモノがなくなっている時代。そのなかで潤っているビジネスは何か? 人はどこにお金を落としているのか? を読みといた、坂口孝則さんの電子書籍『日本人はこれから何にお金を落とすのか?』が10月28日発売になりました。

本書は電子書籍オリジナルの書き下ろし。まずは目次をご紹介します。(*電子書籍は、Amazon Kindle、楽天Kobo、iBooks Store等の各電子書店でもお求めいただけます)

目次

■「ヒト」そのものを消費する時代の到来
■日本人の消費を描くということ
■いまの日本人の消費は「宗教消費」
■「自動車」と「衣料」の消費の変遷からわかること
■「ロハス」「スローフード」が発明した「正義」としての消費
■ユニクロやマクドナルドでは絶対に満たせない領域
■グローバル・メーカーも大量に商品を作るだけでは生き残れない
■SNS時代の消費者は商品も情報も自分用にカスタマイズしてほしい
■忙しい日常は、個性的消費とマス消費の両方を必要とする
■自動車販売が40%減少する時代への対応策
■フェアトレードに流れるストーリーの重要性
■1990年代にナイキが受けた批判と不買運動
■ハンドメイドの人生哲学を販売するビジネスの登場
■弱者=正義の時代
■「この人を信じてみたい」と思わせる等身大カリスマの誕生
■現世利益が欲しい私たち
■「自分はどう生きるか」と悩み続ける同僚への羨望
■自由に選択できる人生だから、自己啓発が必要になる
■「無数のカリスマ」を求める必然。宗教消費は続く

 

★がついた記事は無料会員限定

幻冬舎plus+ミステリー創刊!

麻生幾氏、浦賀和宏氏、大倉崇裕氏、小路幸也氏、大門剛明氏、福田和代氏、三羽省吾氏による書き下ろしのミステリー作品を200円で!

→“幻冬舎plus+ミステリー”創刊ラインナップはこちら

→“幻冬舎plus+”全作品リストはこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!