“伝え方”を定義しているか?

前回、プレゼンテーションは最初に“相手”を1人に定めることが重要だとお伝えしました。そこで次に考えるべきは、その“相手”にはどんな伝え方がいいかを考えることです。「何を伝えるか」を考えるのは当たり前。「どんな伝え方がいいか」を考えることがとても大切です。

具体例を挙げましょう。

元カレ
元交際相手の男性

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)