毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.31

2回目の検索をしなければ安心できない私たち

自撮り女子・りょかち

2回目の検索をしなければ安心できない私たち

 

最近、何でも価値が透けすぎてて、つまらない。

デートで連れて行くお店の話題で「そこは『食べログ3.0だからダメだよ』」というセリフを聞く。先輩が持っているリュックは、アマゾンレビューが異常に高くて人気だそうだ。そういえば友人が最近観た映画は、Twitterでいろんな人が絶賛してたみたい。

2回目の検索で“安心”したがる私たち

何かを消費する時、“2回”検索することが当たり前になろうとしている。

一回目は、「ほしいものの候補を探す検索」。
"世の中に「神楽坂 和食」のお店はいくつあるのか?"
"世の中の「リュック ネイビー」にはどんなモノがあるのか?"
"「今週 映画」だとどんなものが観られるのだろう?"
ということが知りたくて検索窓に尋ねる。

そこから私たちは、2回目の検索をするのだ。候補のそれぞれは「どんな評価をされているのだろう?」という検索。

そこで私たちは、「神楽坂のこのお店、美味しそうだけど評価が低い」、「このネイビーのリュックはあんまり人気がないみたいだ、レビューが少ない」、「この映画、観ようと思ってたけど星3つしかついてない」ということを知る。

私たちは、何かを消費しなくとも、消費しようとする対象のだいたいの価値を透かして見ることができるようになっているのだ。誰かが残したレポートや、レビューや、星の数で。

透ける価値と「面白い」への不感症

価値が透けるのは本来良いことだとは思う。生活はとても簡単で便利になる。ハズレは少なくなる。いつも美味しいごはんを食べられるし、いつも便利で使いやすいモノを手に入れられるし、いつも面白い映画を観られる。

いや、でも。それは本当なのだろうか。私はみんなのその「美味しい」や「使いやすい」や「面白い」さえ、疑っている。

本当に本当に、最近「美味しい」って感じたことあるの?
本当に美味しいって思ってる?
誰かが美味しいって言ってたからじゃなくて?
本当に面白いの?
どこがオモシロイと思った?
それって先週誰かが書いてた記事のセリフじゃない?

透けた価値が当たり前の世界で、集合知は正義になる。「食べログで評価されていないごはんやさんはダメ」「アマゾンレビューで評価が低いモノはダメ」「SNSで評判の悪い映画はダメ」。いつのまにか、ダメかどうか決めているのは自分じゃなくて、どこかで見た誰かの感想の群れだったりする。

そんな思いに流されて、私の部屋はいつのまにか「誰かの」お気に入りで溢れているのだ。

自分の「好き」は自分で決めろ

やっぱり、価値が透けるのってつまらない。透けた価値だけが正義なのはつまらない。本当は、自分が好きなものくらい、自分の感覚で感じたい。私が知りたいのは、本当に君だけが「かっこいい」と思えるものなのに。

私は最近、「ハズレ」を引きにくい今だからこそ、意識的に自分だけの好きを見つけなければならない!という意識にさいなまれている。

インターネットこそ、レビュー機能が加速度的に発達しているとはいえ、リアルな世界ではまだまだ「ハズレ」を引けるチャンスがある。たとえばコンセプト性の強い本屋さんなんかのレイアウトは、「本との出会い」「セレンディピティ」を促す仕組みに溢れていたりする。インターネットが他者からのレビューを発達させていくのと同時並行で、リアルな世界ではそれ以外の価値を模索したお店も現れているのだ。

「みんなが何を好きか」を知ることは大切だ。「自分が何を好きか」を知るのと同様に。だけど、みんなが何を好きでいるのかを知ることは、私たちよりもインターネットがずっと得意だったりする。

誰からも「いいね!」がつかなくても、「好き」に保証がついていなくても、あなたが好きならそれでいい。そして、そういうものとの出会いが自分だけの感性や価値観を形作っていくのではないかと私は思う。

自分の好きなものくらい、自分で決めなきゃダメ。他者からのレコメンドにポチらされてばかりじゃ、量産型の脳みそになってしまうよ。

 

■■■自撮り裏話■■■

よく見るとアイスが歪んでます

今や「加工は甘え」「加工するやつは顔のパーツをくれた親に謝れ」と強気の私ですが、初期は加工してました(土下座)。これなんか、顔の輪郭を削るためにアイスの造形が歪んでいます。ほら、アイスの左上……。こんな加工も、今やアプリ1つでできちゃうのでコワイですよね(利用アプリ:YouCam メイク
 

★がついた記事は無料会員限定

■■■重大発表!『インカメ越しのネット世界』書籍化決定! ■■■

読者の皆さま、いつも連載を読んでいただいてありがとうございます。

なんとこの連載が電子書籍版&プリントオンデマンド版での発売が決定いたしました。

書籍版には連載記事を再編集し、さらに書き下ろしコンテンツをも追加しました。そしてそして、はあちゅうさんとのロング対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために」も特別収録します。

また買っていただけた方限定でりょかちがLINEであとがきを送る特典付きの盛りだくさんの内容です。5月26日発売で現在予約受付中なのでよろしくお願いします!


インカメ越しのネット世界 りょかち(著)

◯内容紹介
IT企業で働く傍ら「自撮り女子」として人気の著者が、セルフィーアプリ、ネットレビュー、動画コミュニケーション、ネット広告の未来、マッチングアプリ、サブアカウント、SNS時代のブランディング、レガシーメディアとWEBメディアなどの新しいインターネット文化を独自の目線でエモく斬る! 幻冬舎plusので人気連載に書き下ろしコンテンツを加え、待望の書籍化。巻末には、はあちゅうとの15,000字を超える赤裸々対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために」も収録。さらに購入者限定にりょかちからLINEであとがきが送られてくる特典付き! 

◯目次
・自撮り女子が見る、インカメ越しのネット世界
・2回目の検索をしなければ安心出来ない私たち
・「盛りたいだけ」はもう古い? 自撮り文化がもたらす新しいコミュニケーション
・私たち「ポストタラレバ娘世代」は、井の中の蛙を卒業して幸せになれるか
・データのやり取りが、私たちの「会話」を確実に拡張していく
・ドラえもんって超優秀な広告媒体じゃないですか? という話
・JKに学ぶ、サブアカウントのススメ
・2017年、女子の「カワイイ」にまつわる戦略について
・インターネットはいつでも私たちの「恋心」を叶えるツールだ
・逆ブランディングは今日も、よくばりな私を救う
・私のレガシーメディア・コンプレックス
・特別付録1 はあちゅう×りょかち 対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために」
・特別付録2 ひとこと自撮り奥義 他
・特別付録3 りょかちがLINEであとがき送ります 

↓↓購入はこちらから↓↓
◯電子書籍版(5/26発売予定)
Amazon Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B0728BJBNK/

楽天kobo
http://books.rakuten.co.jp/rk/fddc2bcfbfc731678efe2d0dbd4f64bd/

iBooks
https://itunes.apple.com/jp/book/id1237523367?mt=11

◯紙書籍<プリントオンデマンド版>(5/26発売予定)
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B071HV6CS3

↓↓イベントもします!↓↓
さらにさらに!! 
出版を記念して1日限りの「りょかちBAR」イベントを開催します。
詳細はこちら → http://www.gentosha.jp/articles/-/7923

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
相手の力を利用すれば、実力以上の仕事ができる。
専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!