毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.10.27

編集長 有馬大樹、創刊の辞。

幻冬舎初の月刊文芸誌、
「小説幻冬」が目指すもの。

幻冬舎初の月刊文芸誌、<br />「小説幻冬」が目指すもの。

本日、創刊いたしました月刊文芸誌「小説幻冬」。
編集長の有馬大樹から読者のみなさまへの創刊の辞をお届けいたします。
いま、この時代だからこそ、紙の文芸誌が目指すもの――。
生まれたばかりの「小説幻冬」の“これから”にご期待ください!


「活字の力で世界を変える。」

 このたび幻冬舎は、1993年の会社創立以来の悲願でもあった月刊文芸誌を、2016年10月27日(木)に創刊いたしました。

 このIT時代に紙媒体の文芸誌を創刊するのは、狂気の沙汰かもしれません。しかし、狂気の沙汰の中で七転八倒しながらベストセラーを生み出してきたのが幻冬舎です。長らく言われ続けている出版不況。私たちを魅了した物語の力は弱まってしまったのか? 活字の力は減退しているのか? そうではないと私たちは信じています。その信念を具現化するためには、私たち自身が自らを追い込まなくてはいけません。新雑誌の名称に社名を冠するのは、その決意の表れです。ITの力で社会は「便利さ」を増しましたが、そんな時代だからこそ、紙の本を通じて「豊かさ」を提供するのが私たちの使命だと確信しています。活字の力で世界の何かを変えたい。ページを開いた際のワクワクする気持ちを読者と共有したい。その想いを胸に、私たちは新たな船出をします。

 小説家はもちろんですが、あらゆる分野で活躍する表現者の作品を掲載していきます。ミステリー小説、恋愛小説、時代小説、青春小説など、すべてのジャンルの傑作を揃えます。エンターテインメント小説と純文学の垣根も取り払います。本を愛する書き手と幻冬舎が一丸となって「言葉の力」「物語の力」を凝縮することで、みなさまの人生を様々な光で照らすことができれば幸甚です。

「小説幻冬」編集長 有馬 大樹 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

「小説幻冬」2016年11月号
→書籍の購入はこちら

設立以来、出版界と文芸の世界に新しい風を送り続けている幻冬舎が、この2016年10月27日に新しく創刊する読み物を中心とした月刊文芸誌。

『小説幻冬』創刊号の執筆陣(50音順・敬称略)
【創刊記念エッセイ】
浅田次郎
【小説】
あさのあつこ/有川浩/上田秀人/小川洋子/岸惠子/窪美澄/小松亜由美/さだまさし/澤田瞳子/島本理生/髙田郁/中村文則/西澤保彦/能町みね子/葉真中顕/原田マハ/東川篤哉/万城目学/増田俊也/真梨幸子
【エッセイ】
角幡唯介/小林聡美/桜木紫乃/せきしろ - 又吉直樹/曽野綾子/中谷美紀/群ようこ/吉田敬(ブラックマヨネーズ)
【創作】
小林賢太郎
【コミック】
そにしけんじ
【対談】
有栖川有栖×久坂部羊
ジェーン・スー×光浦靖子
【ブックガイド】
KIKI/西上心太/細谷正充
【インタビュー】
瀧井朝世 辻村深月『東京會舘とわたし』
【from 幻冬舎】
幻冬舎のとっておき 小川糸『ツバキ文具店』

関連雑誌

→小説幻冬の購入はこちら(Amazon)
→小説幻冬の購入はこちら(Fujisan)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!