毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.11.01

第一回

真夏でもパンストのJJが集まると、誰かの歯のかぶせがとれている

アルテイシア

真夏でもパンストのJJが集まると、誰かの歯のかぶせがとれている

「もうおばさんだからさ~」とおばさんを自称しつつ、他人からおばさんと呼ばれると自分でもびっくりするぐらいショックを受ける。それが40歳という年齢だ。
おばさんになりたくないというよりも、おばさんのなり方がわからない。なにぶん初めての経験なので、いろんな変化にいちいち驚き、戸惑うのだ。

子どもの頃はおばさんというと「肝っ玉母さん、鋼のメンタルの持ち主」的なイメージがあったが、いざ自分がおばさんになると、思いのほか繊細で傷つきやすい。
硝子の熟年時代は、破片が胸へと突き刺さるお年頃。そんな私の熟女入門な日々を綴っていきたいと思う。

さて、私の場合、38歳ぐらいで一気にきた。「これが老い、か…」とグラサンが吹っ飛ぶ勢いで、肉体の変化を実感したのだ。
まず地球の引力に引かれる人類として、皮や肉が一気に下降しはじめ、顔や体型が変わった。それまでAラインのミニワンピなども着ていたが、今着ると一点の曇りもなく狂女になる。 

40を越えると似合う服が変わるのは事実なので、和装に凝る二十代女子には「そんなもんババアになってナンボでも着れる、今しか着れへん服を着なはれ!」とついお節介を言いたくなる。
ちなみに私は老後、ゴスロリを着ようと目論んでいる。80代のババアのゴスロリはガチ魔女感が漂いそうだし、何らかの魔力も発現しそうなので、今から楽しみだ。

また、肉体の変化として実感したのは「アラフォーが自然体にすると死体に近づく」ということだ。これまではすっぴん時に「肌キレイだね」と褒められたりしたが、今では土気色の顔を見て「どこか悪いの…?」と命の心配をされてしまう。

死体に近づくと言えば、アラフォーになると体温が下がる。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

アルテイシア『59番目のプロポーズ キャリアとオタクの恋』
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!