1,000人の前でプレゼンテーションするとしたら

前回、プレゼンテーションとは何かを定義しました。

相手に伝えることで、「なるほど」と思わせる行為

ここで読者の皆さんに想像して欲しいことがあります。
いまあなたは1,000人を前に自分の仕事の成果をプレゼンテーションしようとしています。会場は大きなホール。少し緊張はしているものの、投影するスライド、マイク、プレゼンのシナリオ、すべての準備はバッチリです。
1,000人の聴講者があなたをじっと見つめています。さあ、いよいよプレゼンテーションのスタートです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

深沢真太郎『そもそも「論理的に考える」って何から始めればいいの?』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


深沢真太郎『数字アタマのつくりかた 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)